Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

本日はレッスンレビューをご紹介したいと思います。

 

おうち英語を続けていく中で

貴重なアウトプットの機会となるオンラインレッスンは

もはや必須だと私は思っていますが、

画面の向こうの人と、しかも英語でコミュニケーションを取る、

というのは子どもの日常にはない特殊な状況となりますので

最初から何もかも順調にいくという方ばかりではありません。

 

子どもが新しいシチュエーションに慣れることを

暖かく見守る姿勢、時には忍耐も必要になるかと思ってくるのですが

Y様のレビューにはその気持ちが溢れています。

 

では、Y様のレビューをどうぞ(^^)

 

約2年前、3姉妹が0歳、2歳、4歳のころからお世話になっています。

1人では嫌だという4歳の長女、
先生がしゃべり終わるのも待たずに、自分のしゃべりたいことを日本語で話し出す2歳の次女、
生まれて数か月の三女を抱っこしながら、十分な英語も話せずオロオロしている私…

ゲームをしていても順番を守れるはずもなく、
カメラの前からいなくなることもあり、
せっかくの先生からの英語のシャワーは子供たちの耳に届いているのか…?
レッスンが終わっても「いったい何をしてたんだろう…」と思うこともありました。

周りに英語育児をしている人もおらず、心が折れそうなことが何度かありました。

でも、あのわちゃわちゃした時間こそが、
先生と子供たちの信頼関係を作るために必要な時間だったのだと
今になってやっと感じました。2年もかかりましたが…(^^;

そしてあの頃の私に、「そんな必死になりすぎなくていいよ」と言ってあげたいと思います。

勝手なもので、ここからまた「もっとこうなればいいなぁ」という
親の期待がでてくるのかと思いますが、必死になりすぎず、
これからも細く長く、英語が身近にある環境を作っておいてあげたいと思います。

 

またしても日が開いてしまったのですが、
昨日・おとといと、久しぶりに2日連続でレッスンしました。

相変わらずゲームばかりやりたがるのですが、
今回は「お母さん、向こう行ってていいよ」と長女に言われ、
食事を作りながら様子を聞いていると長女と次女だけでも
なんとなくマデル先生とやりとりができていました。

もちろん、単語だけ…のときや、センテンスの繰り返しが完璧でないものもありましたが、
今までに比べるとあきらかに成長している様子がみられました。

今まではほかの方の「しゃもじエピソード」を羨ましいなぁ…と思ったり
焦ってしまったこともあったのですが、ゆるいながらも続けてきて、
我が家なりの英語との関わり方が、やっと芽をだした感じです。

 

Y様、ありがとうございました♪

 

お子さんだけでレッスンに取り組んでくれる

頼もしい姿が見られるようになり良かったですね♪

 

一旦軌道に乗ってしまうと

悩みがウソのように解決してしまうことって子育てには多いですが

おうち英語においてもそうですよね。

子どもの成長ってすごいです。

 

Englishbudsのbudsは【芽】という意味です。

このような形でお子様方の英語の芽吹きを支援させていただけることが

私を含め、講師の喜びです。

 

すてきなレポ、ありがとうございました(^^)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

英語育児ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村