Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

かけ流しに役立つアイデア

かけ流しのコツ?!

前回、かけ流しは効果絶大でお伝えしたように、かけ流しは是非英語育児に取り入れていただきたいオススメの手法です。

 

かけ流しに特にコツはありません。

ただ英語の音源をかけ流しておくだけですから( ̄_ ̄)
そう言ってしまっては、この先書くことがなくなってしまいますので、留意した方がいいかなと思うことを書いていきます。

 

音は気持ち小さめの方が良いと思います。

「聞けー!!この音聞き漏らすことなかれー!!」とばかりにあまり大きな音でかけ流しをすると効果がないような気がします。

子供の集中力が逆に切れてしまう感じがします。。。

表面的には遊びに夢中になっているように思うのですが、脳のどこかできちんと聞こえている音を処理し続けているように思います。

音が大きすぎると、遊びに夢中になることもできないし、かと言ってその英語の音にも集中できない、という状況になってしまうような気がするのです。

 

ですから、音は気持ち小さめにした方がいいと思います。

科学的な根拠から言っているわけではないですが、経験的に小さな音だった時の方が定着率は高かった気がしているのです。

 

そしてかけ流す音源も厳選しなければなりません。

【かけ流し】であって、【垂れ流し】ではないのです(^^;

なんでもいいから英語を流しておこうと、いきなり子供にCNNやBBCのニュースを聞かせてもまったく効果は期待できません。

私は一度見たアニメの音をDVDから抜き出して使ったり、何度も読み聞かせしている洋書絵本の付属音読CDを流したり、Wee SingシリーズのCDを聞かせたりしていました。

子供にとって未知の音源でない方がいいと思います。

かけ流しの効果は目に見えてくるまで時間が掛かりますが、効果は絶大だと信じています。

我が家はまだまだかけ流しを続けています!そしてこれからも続けます(^^)

 

 

↓応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村