Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

8e0c8951f648be8a8f2184d48ae88880_m

 

 Skypeレッスンはどれくらいの頻度で?

Skypeレッスンをもし英語育児に取り入れるとしたら、どれくらいの頻度で行うことが望ましいのでしょうか?

これはSkypeレッスンをどのような位置づけで活用するかによって変わってきますので、一概には言えないと思っています。

ご参考までに我が家のレッスン頻度は、【週に5日】です。

平日の夕方、夕食前に2人もそれぞれ30分ずつ英語しか話さない時間を設けることにしています。

我が家でのSkypeレッスンは【語りかけの代用】であり【唯一のアウトプットの時間】なのです。

そのため週5日レッスンするようにしています。



長年、自分自身が英語を勉強してきてつくづく思うことですが、【Speaking】という技能はスポーツだと思います。

基本の動作を反復練習しておき、いつでも無意識の状態でも体が反応できるようにする、どんな球が来ても打ち返せるように瞬発力を鍛える、などスポーツとの共通点が多々あります。

スポーツの世界の練習のお話を聞かれたことがあるかと思います。

【トップアスリートほど練習を休まない。1日でも休んだら体が鈍ってしまう。その鈍った分を取り返すには倍以上の練習が必要になる。だから練習は絶対に欠かさず続ける。】

というお話、どこかで聞かれたことありませんか?

 

語学もまったく同じだと思います。

話さない・使わない・接しない日が増えれば増えるほど、覿面にその言語能力は落ちていきます。

よく帰国子女でアメリカにいたときは英語がペラペラだったけれど、日本に帰ってきてしばらく使わなかったらしゃべることが難しくなってしまった、最悪の場合はすっかり忘れてしまった、というお話も聞かれたことがあるでしょう。

このように語学も【続けること】が非常に重要になってきます。

 

その観点から考えていくならば、【できるだけ多いのがよい】となりますね。

確かに【毎日】行うことが最強かもしれません。

でも、私の一番大切にしている英語育児のポリシーは【何も犠牲にしない】です。

【毎日Skypeのレッスン】となると、生活に制限が掛ってしまいます。英語を中心にして生活が組まれるようなことはしたくありません。

休日は休日に家族と一緒に、家族の時間を思いっきり楽しむ。

そうでありたいと思い、今は無理なく生活に組み込める範囲で週5日レッスンさせています。

 

各ご家庭により事情は異なると思います。週5日に拘ることなく、皆様のお宅に最適な回数を一度考えてみてくださいね。

先にもお話しした通り、【続けること】が一番大切です。無理なく続けられるというのがポイントですね。

アクセル目いっぱい踏みまくった状態だと親も子供も疲れてしまいますから(^^)

 

 

↓応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村