Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

091115

 子どもは覚えるのは早いけれど・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

子どもの記憶力には感心させられることがありますね。

「よくこんなこと覚えたなぁ・・・」とビックリさせられることもよくあります。

英語育児においても2、3度見たアニメのセリフを完璧に覚えて遊びに使っていたり、

かけ流しで聞いたフレーズを口ずさんでいたり。

 

【おぉ~、この子は天才か?!】

と思われたことありませんか?(^▽^;

 

しかし、残念ながら

【忘れるのも早い】んですよね( -_-)

 

あっという間に「そんなことあったっけ?」ときれしさっぱり忘れてしまいます。

 

我が家の子供は茶道を熱心にする幼稚園に通っており、幼稚園当時はお茶用語をたくさん覚えて家でもお点前ごっこ(?)をやっていました。

しかし卒園してわずか1年でお茶の作法もすべて忘れてしまっていてガッカリしました(^^;


英語育児でも、もちろんノウハウも大切ですが、結局のところ大切になるのは

【いかに継続していくか】

ということなのではないかと思います。

 

コツコツひたすらに毎日積み上げていく・・・これに勝るものはないのだと思っています。

日本で普通に生活していたら英語はほぼ無縁な存在です。

そのほぼ無縁な存在の英語をいかに生活に取り入れていくか、いかに続けていくのか、この2点が大切なこと。

いくら子供の頃にペラペラのバイリンガルのような状態になっても、長く英語をやらなければすっかり忘れてしまうということもあるのです。

実際にアメリカで幼児期を過ごし英語を流暢に話していたのに、日本に帰国して英語と縁遠い生活を送っていたら、まるで英語が話せなくなっていたということはよく聞く話ですよね。

ですから、一旦、英語育児の世界に足を踏み入れたら、それはそれは長い旅の始まりだと思って下さい(^^;

幼児期の英語から学童期の英語に移行させ、学童期から青年期と英語も成長に合わせて成熟させていかねばなりません。

道は長いですよー。

一緒に頑張っていきましょう♪

 

↓応援して下さると励みになります♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村