Pocket

Print

ホームステイを受け入れると子供は英語を話す?!

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

我が家の経験からお話しすると、

ホームステイで英語圏の子を預かったとしても・・・

 

子どもが英語をその子と話すことは期待できません( ̄_ ̄)

 

子どもが小さければ小さいほど期待できないと思います。

 

子どもが中高生の場合で

「自分の英語を高めたい!」

と意欲にあふれて自分から積極的になれる子の場合は期待できると思います。

 

しかし、小学生ぐらいまでの子供の場合は

ホームステイが異文化理解のいい経験になることは間違いありませんが

【子供が英語を話し始めるだろう】

という期待を持ちすぎると期待外れで終わりかねません。



小学生までの子供は、良くも悪くも計算高くありません。

英語を話すことが自分のメリットになるとか考えません。

 

【この場では何語を話すのが一番自然なことか】という

社会性とこれまでの経験から純粋にジャッジしていきます。

 

「このお兄ちゃんは日本語を勉強しに日本に来たんだ。

だから日本語で話すのが当たり前だ。」

と本人は意識していないですが、無意識的に言語を選択しています。

 

場の空気を読む力が子供にもあるのです。

 

でも長く受け入れをしていると

子どもに英語の力が備わっていることを確信させてくれる場面にも遭遇します。

 

受け入れ生の子が上手く日本語で表現できず、英語で我が家の子たちに話しかけ

何かお願い事をされた時、その英語がどんなに早く込み入った英語であっても

驚くほど的確にお願いされたことをきちんとやってあげているのを見たことが何度もあります。

 

ちゃんと英語はこの子たちの中で育っているのだなぁと実感させてもらっています。

 

異国からやってきた多感な高校生を預かることはもちろん大変なことです。

苦労もたくさんあります。

でも日々、こんなことを気付かせてもらうこともできていますし、

将来きっと子供たちの財産になる経験をたくさんさせてもらっていると

思っています。

 

受け入れたからと言って子供が英語を話すことは期待できないかもしれないけど

いい経験になることは間違いないしです。

英語を生きたものに一つの選択肢としてホストファミリーに挑戦してみることを

検討されてみてはいかがでしょうか?(^^)

 

 

↓応援して下さると励みになります♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村