Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。
さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

ad5532877a40a46b91aeb4f95f38a822_m

【多読】チャプターブックへのスムーズな移行のために役立ったこと

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

先日もお話ししたように幼児期は

アマゾンなどで

「この絵かわいいな♪」

と思われた本をチョイスして基本的に問題ないと思います。

レベルにこだわる必要はないと思います。

 

私もそういう基準でいくつか本を選んで読み聞かせてきました。

中には少々難しい内容の本もありました。

たとえば、

The LITTLE HOUSE

LITTLE HOUSE,THE(H W/CD) [ VIRGINIA LEE BURTON ]

The Perfect Bear

The Perfect Bear

このような本を絵だけで選んで購入しました。

ネットでの購入なので届いてビックリ

「あれ、難しいじゃない(^^;」

ということもしばしば。

当時の私に深い考えはなく、

「せっかく買ったんだからもったいないから読んでおこう」

ぐらいの感覚で読み聞かせていたのですが、

今振り返ると幼児期にやや難しい本を読み聞かせておいたことが

<結果オーライ>

になっている気もしています。

 

チャプターブックへの移行が比較的スムーズに進んだ

一つの理由だと思っています。

 

もし【年齢】というものにこだわり過ぎて

赤ちゃん向け、幼児向けの絵本ばかり読み聞かせていたら

チャプターへの壁を超えるのが難しかったのではないかと思います。

 

また後日書きたいなと思っていることがあるのですが

日本製の英語教材が目安として示している対象年齢は

正直意味がない、むしろ弊害があるとさえ思っています。

 

あの対象年齢はまったくアテにならない、

信じ過ぎるとその教材・絵本に接する好機を奪ってしまいかねないと思うのです。

 

子どもは私たち大人が思うほど

<小さな存在>では実はないのです。

 

子どもは思わぬところで多くを吸収する力があるのだなと

幼少期の絵本一つでも深く考えさせられます。。。

 


↓応援して下さると励みになります♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村