Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

toefllogo

【英語の資格試験】TOEFL

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

TOEICとTOEFL、よく耳にしますよね。

大学入試改革の話が出ると国会議員の先生から

「TOEICかTOEFLを全受験生に受けさせればよい」などと

一緒に議論のまな板に上がってくることが多いですし

名前もなんとなく似ているため(^^;

ほぼ同じようなものだと思っておられる方が多いかもしれません。

 

日本においては圧倒的にTOEICの受験者数の方が多いです。

多くの企業が採用・昇進の基準としてTOEICを

取り入れていることが最大の要因と思われます。

 

しかし世界に目を移してみると、TOEICはマイナーなテストになります。

TOEIC受験者の8割は日本人と韓国人です。


TOEFLは

【アメリカの大学へ留学したい人の英語力を測定する】

ことを目的に作られており、求められる技能も

TOEICの2技能(Reading,Listening)だけでなく

6要素(Reading,Writing,Listening,Speaking,Grammar,Vocabulary)

が入っています。

 

難易度は圧倒的にTOEFLが上だと言えるでしょう。

 

TOEICはビジネスに主眼を置いて作られたテストのため

リスニングテストにおいて

アメリカ・イギリス・オーストラリア・フィリピン・インドなど

様々なアクセントが取り入れられています。

 

一方、TOEFLは100%アメリカ英語です。

リスニングにおいても、wanna~, gonna~, awsome!

という表現が普通に出てきます。

 

現在のところ、国内が最終ゴールであるならばTOEIC受験、

アメリカへの留学を考えるのであればTOEFL受験なのかなと思います。

 

しかし、留学=TOEFLなのかというとそれも違います。

アメリカの大学はTOEFLのスコア提出を求めるところがまだ多いですが

アメリカ以外のカナダ・オーストラリア・イギリスなどの大学は

IELTS(アイエルツ)のスコア提出が一般的です。

 

昔は英検かTOEICぐらいを考えておけばよかったのですが、

最近は多くの英語資格試験が導入されていますので、

目的に応じて資格試験を選んでいく必要がありますね。

 

 

↓応援して下さると励みになります♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村