Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

9d8cb54fa2b1aaa825db778275d266c4_m

【Skype Lesson】生徒様のお声~メル先生・S様~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

先日厚かましくもお願いしたレビュー企画に

多くの会員様がご協力下さっています。

育児・お仕事・家事で忙しいところ、

貴重な時間を割いてレビューを書いてくださるそのお気持ちが

とても有難く、Englishbudsが多くの方に支えられていることを

改めて実感させていただいております。

本当にありがとうございます!!!

 

それでは今日はS様のレビューを紹介させていただきます♪

 

 

小4の娘がお世話になっています。

メル先生は本当に愛にあふれた方で、レッスンを受けるたびに感動しています。

レッスンだけでなく、その前後の文字でのやり取りでも、毎回チラッとしか顔を出さない親の私にまで、友人のようにフレンドリーに接してくれます。

娘にとってはレッスンというよりも、メル先生と遊んでもらっているうちに、知らぬ間に英語を口にしているという感じだと思います。

レッスンを始めてからまだ日が浅く、しかも週に1度以下の頻度にも関わらず、すでにいろいろな変化が出てきました。

娘の中に「英語で表現したい」という気持ちが育っているようです。

実はメル先生に出会う前も、別のオンライン教室でレッスンを受けていました。

その頃も楽しんではいましたが、定型的なやり取りで終わっていて、新しいことを伝えたいという気持ちは感じられませんでした。

ところがメル先生とレッスンしていると、離れて家事をしている私のところに「〇〇ってなんて言えばいい?」と走って聞きにくるようになりました。

レッスンの最中に、日本語を混ぜることの賛否はあると思いますが、この先生にだったら英語でぜひ伝えたいという気持ちは、大きな原動力になると感じています。

一人っ子で空想好きの娘は、小さい頃から人形やぬいぐるみを使ってごっこ遊びをするのが好きでした。

そのことに気づいたメル先生がうまく誘導して下さり、レッスンでは人形などを使ってロールプレイをしています。

言葉が英語に変わっただけで、娘にとっては単に自分の好きな遊びをしている感覚だと思います。

実を言うと、特に英語好きというわけでもない娘は、前のオンライン教室でお気に入りだった先生がやめた後、やる気をなくしていました。

メル先生の体験レッスンの前も、受けることを渋っていたので、「とにかく1回だけ受けてみて。イヤだったらやめていいから」と説得しました。

するとレッスン後には「続けてみる!」にコロリと変わっていたのです。

あの時、根負けしないで体験レッスンを受けさせてみて本当によかったと思っています。

今回はMommy Kayoさんのブログでの呼びかけを見てレビューを書いたのですが、それがなくても、感想をお伝えしたいと常々思っていました。

またレッスンを受ける前の時期にMommy Kayoさんに勉強法のことでいろいろアドバイスいただきました。

その時教えていただいたPeppa Pigというイギリスのアニメに娘はハマり、これも英語力向上に大きく役立ってくれています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

S様のレビュー中にある

「言葉が英語に変わっただけで、娘にとっては単に自分の好きな遊びをしている感覚だと思います。」

という表現、

これほど理想的な英語育児はないと思います。

今の日本では、英語は中学校から「勉強」になってしまいます。

現実的に入試などを乗り切っていくために、

否が応でも英語を勉強としてやらなければいけないのも事実です。

 

しかし、本来英語は勉強ではありません。

言語という手段です。

他人とのコミニュケーションを取るためのツールに過ぎません。

 

S様のお子様のように

「自分の好きな遊びの中に英語が入ってくる」

というのが一番自然な英語の接し方なのではないでしょうか?

 

私もこのように子供に英語に接しさせたい常々思っています。

英語が勉強に変わる前に、存分に本来の英語に触れさせたいですよね。

英語が自然に生活の一部になる。

そんなSkype Lessonされてみてはいかがでしょうか?

まずは会員登録いただき、トライアルレッスンをご受講ください(^^)

新規ユーザー登録
*必須項目

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村