Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

1f7adb4c9e8c85cb3c93d477fd537b10_m

英語におけるメンタルブロック

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

メンタルブロックという言葉を耳にされたことがあるでしょうか?

心理学における【固定観念】【思い込み】です。

実は英語を話すときに日本人には

このメンタルブロックが大きく関わっているとされています。

 

このメンタルブロックを外しながら英会話学習を支援するという

ユニークなEQ英会話提唱しておられる本城 武則によると

日本人には英語を話すときに

★他人の目が気になる

★外国人って緊張する

★間違ってはいけない

という思い込みがあるため、英語能力が高い人でも

英語が思うように口から出てこなくなるそうです。

 

この指摘、すごくわかります。

時に英語の先生はこのメンタルブロックが大きいのではないでしょうか?

生徒に英語を話せないと思われたくないからALTとの授業を拒んだり、

職員室でALTと談笑しているのは他の科目の先生、という光景を

複数の学校で実際に目撃してきました。

私自身も「英語の先生なんだから完璧に英語を話さなくっちゃ」という

プレッシャーのような思い込みが大きかったので。。。

 

そんなメンタルブロックをバリバリ作ってしまうのが

今の学校英語なのではないかと自戒しながら思います。

【正しいか正しくないか】の尺度で授業が行われているのが

実態の大半だと思うからです。

 

子どもに小さな頃から英語を与えるメリットに

<このメンタルブロックと無縁である>というものが

挙げられるのではないでしょうか。

 

地味なようで実はこれは大きなアドバンテージです。

 

英語をコミュニケーションの道具として 使いこなしていく上で

一番大きな武器になります。

 

私自身、今はかなりこの英語に関するブロックから解放されてきましたが

ブロックフリーの子供たちに比べれば差は明らかです。

心底うらやましいと思います・・・。

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村