Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

084336

かめさんタイプの息子の今年の成長♪

Englishbuds管理人Mommy Kayoです。

我が家には二人の子供がいます。

女の子(小6)、男の子(小3)です。

性別も違いますが、英語に関しても全く違った経過を見せる二人。

我が家の二人を見ているだけで

万能な英語育児法なんて存在しないと思ってしまうほどです。

 

娘のやり方は息子には通用しませんでした。

読むということが日本語でも苦手な息子には

自力読みの多読なんて無理( -_-)

 

読み聞かせは大好きでしたが、

上の子の時ほど情熱を注いであげられなかったダメ親な私(^^;
(仕事を再開して忙しかったとも言う←所詮言い訳・・・)

英語育児に関してはそれほど熱心にやってきたとは言えない

我が家の息子ちゃんです。

 

彼が経験してきた英語育児と呼べるかもしれないことは

姉からのおこぼれ的なものばかり(^^;

 

とりあえず赤ちゃんの頃から毎日必ず英語を聞く時間はありました。

英語でアニメを一緒に見たり、

かけ流しで英語がたえず流れていたり。

あとは機嫌がよい時にMel先生とレッスンしてみたり。

 

それぐらいでしょうか。

 

全然頑張っていない英語育児です。

 

でもそれでも彼は英語を理解します。

自分でも

「僕は英語を話すことはできないけど

全部何言ってるかわかる!」

と言っています。

 

事実、ホームステイの留学生の子と私が英語で

コミュニケーションしているときも

すべてのその内容を理解していることが

確認できるのです。

 

たまーーーに超機嫌がいい時だと

メル先生とのレッスンで第三文型(SVO)ぐらいの文章を作って

自分からお話しすることもあります。

 

彼の中に確実に英語は貯まっているのだなと感じさせられます。


小さなころから英語を読み、話し始めるうさぎさんタイプの娘、

全然手ごたえは感じないけど

ちゃんと英語を理解できるようになっているかめさんタイプの息子。

 

語弊があるかもしれませんが、

タイプが違う二人が見れて私は幸せだなと思います。

 

娘しか見ていなかったら天狗になっていたかもしれません。

 

その子その子のペースがあるんですよね。

 

息子のゆっくりでも成長している姿を見ると

いろんなペースの子を心から尊重することができます。

 

かめはかめでもおとなしいカメではなく

カミツキガメか?!ぐらい扱いにくいところもある息子くん(^^;

 

それでもかけ流しと英語アニメで十分素地を養うことができると

証明してくれています。

 

かめもうさぎも走ったり、歩いたりすれば

最終的にはちゃんとゴールできるのです。

 

大事なことはゴールを手前に設置しないこと。

 

私が考えているゴールは

高校生になったとき海外留学させる予定ですので

そのとき海外で英語で困らない程度にコミュニケーションが取れること。

 

「息子ちゃんでもきっと大丈夫!高校生になればできる」と変な確信があります(笑)

 

ゆっくりカメさんタイプのお子さんをお持ちの方の希望の星になれれば(^^)

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村