Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

日本人が留学に消極的なのは・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayoです。

前回留学について書きました。

 

ホームステイを受け入れていることもあって

我が家の子どもたちには留学は非常に身近なものとなりました。

有無を言わさず将来自分が送り出されることもわかっています(笑)

 

しかしながら、前回も書きましたが

留学を志す若者が年々減ってきているそうです。

背景には様々な要因があるようですが・・・。

 

経済的な理由、就職に有利にならない、

そもそも子供の数が減っているため現象はしていない、

自然減だと言う説もあります。



しかし、実際に接している高校生の言動を見ていると

【内向き】という要因は大きいと思うのです。

 

私の学校にも留学生はいますので、留学というものが

生徒にとっては身近だと思います。

 

留学生とはこちらが感心するほど上手くコミュニケーションを

取ったり、お世話をしてくれる子たちもたくさんいます。

 

しかし、そんな子たちであっても

「留学行ってこれば?」

と声がけすると

皆、口を揃えて

「無理!」

と答えます。

その理由は・・・



「だって僕(私)英語が話せないもーん!」

 

がーーーーん( ̄▽ ̄;

 

という感じです。

 

【英語が話せないから英語圏に留学して英語を話せるようになろう】

という発想ではないようです。

 

準備ができていないことには挑戦できない慎重さなのでしょうか。

 

それもそうですが、

高校までに少なくとも3年英語を学んできているのに

「英語ができない」

という現状が悲しいです。

 

しかも、今の高校生は小学校の時すでに

外国語活動として英語に触れてきているのです。

 

英語に触れる機会は昔より多くなっているはずですが

相変わらず生徒自身の英語苦手意識も少なくなっていないですし

教えている側としてもコミュニケーション能力が上がった等の

実感を覚えません。

 

もっと根本的にこの国の英語教育を

変えていくべきなんじゃないのかなと

切に思わされます。。。

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村