Pocket

息子君の疑問

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

私には12歳の娘と9歳の息子がいます。

娘は英語育児に関しては早咲きタイプで

幼稚園の頃から洋書絵本が一人読みでき、発話もありました。

小学校3年で英検2級に合格し、

その後も順調に英語力を伸ばしています。

 

一方、息子はまるでタイプが違い、

小学校3年の今でも読めるのは超超超簡単な英単語のみ、

(もしかしたら勘がたまたま当たっているだけかも?(^^;)

学校で習うローマ字でさえ怪しいレベルです・・・。

読みがそんなですから、当然英検など試験にチャレンジすることはできず(T_T)

 

いくら兄弟でも・・・

同じように育てたつもりでも・・・

個性なのでしょう。

だから私はまるで気にしていません。

 

しかし、小さいながらも人間には

【他者と自分を比較する】

いう性質があるようで(笑)

息子も姉と自分を比べて

自分は英語が全然できない

と悲しいことを言ってくれます(T▽T)

 

そんな息子が先日、私にこんなことを真剣な面持ちで言ってきました。

 

オレ、英語は読めないし、書けないんし、ペラペラでもないけど

英語で何を言ってるのか全部わかるんだ。どうしてだろう???

 

その後もいろいろ話してみましたが、

本人としては「勉強した自覚もないのになぜわかるのだ?」ということが

不思議に感じられるようなのです。

 

まるで「犬が話していることがわかるんだけど・・・」ぐらいの真剣さ

だったので、聞きながら笑いをこらえるのが大変でした(^^;

 

笑いをこらえながらも私は

「それって凄いことだよ!!!十分だよ(^^)」

と言ってあげました。

 

だって本当に心底すごいことだと思いますもん。

 

英語育児の目安って

・発話するかどうかでもない

・英検何級を持っているかでもない

ということを彼から深く学ぶことができました。

 

その子その子のペースがあります。

 

息子に焦った時期も正直ありましたが、

今ではこの先息子がどんな成長を遂げるのかが逆に楽しみです。

 

高校生ぐらいになったときに、

自分の意志で英語を話そうとなったときに、

どれくらい英語が操れるようになっているのか見物です(^ー^)

 

その日が来るまで長そうだけど実は意外に短いんでしょうね♪

種を撒けば必ず芽は出るのです(^^)

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村