Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 023726ホストファミリーをやってみませんか?(3)

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

ホストファミリーをやってみませんか?(1)

ホストファミリーをやってみませんか?(2)

ではホストファミリーの悲喜こもごもを率直に綴ってみたのですが

今回はホストファミリーの金銭面について書いてみたいと思います。

 

ホームステイの受け入れを行っている団体・機関は

かなりたくさんあります。

 

それぞれの団体ごとに特色があります。

 

経済支援の面でも大きな差がありますね。

 

ある団体では食費負担として1日1,000~5,000円を

支給しているところもあれば、

一切食費・光熱費面の金銭的なサポートはないところもあります。

 

我が家はAFS(American Field Service)という10代・高校生の留学を支援する

非営利団体から高校生の受け入れをしています。

 

非営利団体という性格上、ホストファミリーは完全ボランティアです。

 

食費・光熱費の負担はすべてホストファミリー持ち出しです。

 

通学にかかる経費、医療費などは一旦ホストファミリーが立て替え

後日AFSに請求する形になっています。

 

私は家計簿を付けないどんぶり勘定ダメダメ主婦なので(^^;

具体的な金額ははっきりとはわかりませんが、

ざっくりとした感じでは毎月食費が+20,000円(お弁当含む)、

光熱費が+5,000円程度、行楽に出かけた時などの負担が

+5,000円程度(1年を平均した額)という感じかなと思っています。

 

基本的にホストファミリーと行動を共にするときは

外食費なども負担することになるので食費・光熱費だけ負担したら

終わりという感じではないですね。

 

もちろん個人的なお小遣いなどは母国の親からの仕送りですが、

留学生によってはインドア派でずっとファミリーと過ごすことを

望む子もいるため、そういう子の場合は出費も多くなります(^^;

 

そういう子もいるかと思えば、糸が切れた凧のように

休日は勝手に遊びに行ってしまう子もいます。

 

そういう子は自分でお昼・夕ご飯を外で済ませてきたりもしますので

ファミリーの負担額は減りますね。

 

我が家はどちらのタイプも引き受けたことがありますが、

どちらが良いとは一概に言えません。

 

前者の場合は家族と過ごす時間が必然的に長くなるため

絆も深まりますが、金銭的な負担が重く感じられる時も正直あります。

たまには自分で払ってよ・・・、みたいな(^^;

 

後者は家族と接する時間が極端に減るため、

ホテル代わりにされているような気持になってしまったり、

ついつい「遊びに日本に来たのかい!」と思ってしまうこともあります(^^;

 

月に3万円の負担となると年間生を預かった場合、

10ヶ月で約30万の負担ですから、結構ずっしりですよね。

 

普段、家計簿を付けず、ドンブリでやってきたので

何も思いませんでしたが、いま改めて書いてみて我ながらビックリしています。

 

まぁ、でもなんというのでしょうか。

 

世の中、プライスレスなことも本当にあるなと思います。

 

お金ではこの経験を買うことはできませんから。

 

ホームステイは受け入れの期間だけの繋がりではありません。

 

一生に渡って関係が続いていくことも珍しくありません。

家族ですから(^^)

 

私にしても世界に子供がたくさんいるのはうれしいことですし、

娘や息子にとってはお兄ちゃん、お姉ちゃんが世界中にいるのです。

生涯にわたってどんな交流を続けてくれるのだろうと

今から楽しみでなりません(^^)

 

もちろん金銭的な援助があるのはありがたいことではありますが、

もし金銭の授受が発生するとビジネスになってしまうような気がして

私は遠慮したいと思ってしまいます。

 

1日1,000円でも食費を受け取れば、

「こんな粗末な食事じゃダメかな・・・」と私が思ったり、

「お金払ってるのにこんな食事か( ̄д ̄) 」と留学生側が思ったりするのではないかと。

 

本当の家族として受け入れているから

「文句言わずに食べなさーい!」と言えたり(どんな飯?(笑))

「ダラダラせずに手伝えー!」などと我が子のように接することができるような気がします。

 

我が家の場合は、実子が3人いると思っていますので

金銭的な面は気になりません(^^)

 

皆様もよろしければプライスレスな国際経験をご家庭でなさってみてください。

資料請求はこちらから♪

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村