Pocket

ede96f2ca38fb46ab19349e8383499e0_m

 いかに英語を習慣にするか。

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

このような英語育児ブログを書いていますが

最近我が家の英語育児に掛ける時間は

本当にわずかなものです。

 

しかも私から子供たちに働き掛けることは

もうほとんどありません。

 

今の我が家の取り組みは

朝、子供たちが勝手に(よく言えば自主的に(^_^;))

iPadでyoutubeを開き、

英語版のドラえもんを掛け流ししながら

朝ごはんを食べることと、

平日の夕方にスカイプレッスンを受ける、

気が向いたら洋書絵本を持ってきて読む、

時々洋画、アニメを英語で見る、

 

ただそれだけなのです。

 




さすがにもう少しやった方がいいかなとも

思ったりもしますが、

忙しい中学生、小学生にはこれ以上

無理だなとも感じています。

 

未就学の時や幼稚園の時のように

英語に時間や労力を掛けることは

正直できなくなっているのです。

 

1日にしたらわずか1時間にも満たない

我が家のおうち英語の時間ですが、

おかげさまで短時間でもとりあえず毎日

英語に触れることができています。

 

そして、それも親の指図がいらない

習慣として子供の日常に組み込まれていることに

今、とても感謝しています。

 

小さい頃に習慣にしてしまわなければ

決して続かなかったと思っています。

 

大したアドバイスもメッセージも送れませんが、

今から英語育児を始める方、

現在お子さんがまだ幼稚園の方、

そんな方たちには

【目先の発話より英語を習慣にしてしまうことを第一にして下さい】

とだけお伝えしたいと思います。

 

【継続は力なり】と言いますが、

これに勝るものは正直ないと思います。

 

私は一発逆転の方法は知りません。

 

でもコツコツやれば必ず結果が出ることは

経験から自信を持って言えます。

 

そして私はコツコツができるマメな人間ではありません。

私だけでは毎日物事を継続させることができません。

 

子供も主体的に一緒になってやってくれてこそ

毎日自分を含めて誰かが動き始めてくれるからこそ

続けていくことができたのです。

 

【時間を味方にする】

幼少から英語を始める最大のメリットはここにあると

私は思っています。

 

もちろんどんな教材を与えるかなど

他にもキーとなるファクターはあるでしょうが、

時間だけは平等に皆に作用すると思っています。

 

【三つ子の魂百までも】と言いますが、

<ウチでは英語が生活の一部にあるんだ>

ということを幼少期に子供に習慣づけてしまうと

本当に後が楽です(^ー^)

 

私は10年前の貯金で今何とか英語育児が

続けていられるのだと思います。

10年前に頑張った自分、ありがとう!という感じです(^^;

 

本当に最近怠惰でいけません・・・( -_-)

 

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村