Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

d123d9c36e885cb0258a2ddf62386722_m

 私の英語は古い?!( ̄▽ ̄;

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

娘もこの春から中学生になりました。

娘の中学校では1年生の中間テストで

英語のテストはなく、4教科だけの実施でした。

 

そのため定期考査としての英語は

この期末テストが最初になります。

 

定期考査と実力テストでは全然対策が違いますよね。

 

定期考査では範囲をいかに何回も学習し

当日のテストでミスをしないかが決め手になると思っています。

 

そのため英語とは言え、

凡ミスや思い込みがないように

副教材の問題集を何度も解かせて確認するつもりです。

 

先日、その1回目として問題集をやらせ、

どんな問題があるのかをチェックがてら

私が〇付けをしてみると・・・

 

“Is it a desk?” という質問に対して

“Yes””No”で答えていくという問題がありました。

 

「そんなの見たら机かどうかわかるでしょ・・・」と

いつもこの手の問題にツッコミを入れながら〇付けしていると

娘の解答がとても不自然で・・・。

 

“Is it a desk?” 娘の解答→“No, it’s not.”

 

 

 

「何を書いているんだか。また変なクセ付けちゃって。

“No, it isn’t.”と答えないとダメでしょーがっ。」と思いました。

 

でも他の部分にも同じように”No, it’s not”で答えているのが

少し気になって恐る恐る答えを見てみると

 

“No, it’s not.”って書いてあるし~~~(T_T)

 

教科書を見てもそうなっていました。。。

 

これはかなりの衝撃でした・・・。

 

あまりに衝撃だったので

 

学校に行って同僚の英語の先生数人を掴まえて

「Is it a desk?にNoで答えてみてー」

と言ってみたところ

3人中3人が

「No, it isn’t.でしょ( ̄_ ̄)」と。

 

かくかくしかじが・・・と事情を説明すると

皆「エーーーーッッ!!!」と驚いてくれました(笑)

 

 

時代とともに言葉が変わるのは重々承知ですが

学校での教え方が変わっているとは思わなかったなーと。

 

いろんな意味で娘の中学英語を見るのは興味深いです。。。

 

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村