Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。
小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!
赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。
さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

046e47e5905b6c32ccb1c7e3740fd8b3_m

 塾の是非

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

塾へ通うことが普通の時代になりつつあるようです。

娘の同級生もほとんどが通塾しており、

塾に通っていない生徒はあまりいないようです。

 

私が子供だった頃、

私は山間部の田舎育ちだったこともあるのでしょうが、

誰も塾など行っていなかったので(塾が存在していたのかすら謎💦)

今の現状には驚かされます。

 

ちなみに我が家の娘も息子もまだ塾には通っていません。

 

理由はいろいろありますが、

一番は時間もお金も非効率的かなと思うので。

 

一斉授業形式を何度受けても勉強はできるようにならない

というのが私の持論ですし、

通塾は親子とも体力的に厳しいのです。

送り迎えするのが辛いのです・・・(*´Д`)

その30分を英語に回したいと思ってしまう事情もあり。

 

昔通塾していたお子さんの受験指導をしたことがありますが、

受験テクニック的な知識、

たとえばtoo~to~構文からso~that構文への書き換えなど

そういう問題のパターンみたいなものは知っているのですが

肝心要のbe動詞や一般動詞などの基本の基本が

しっかり確認されていないので、

いつまで経ってもミスが減らず、得点が上がらない

ということを繰り返し続けておられました。

 

基礎がしっかりと固まっている子には

受験テクニックは有効だと思いますが

そうでない子は個人指導の塾に行かれて

基礎を中心にしっかり教えてもらうのが

一番早く得点を上げることができると思います。

 

今、娘が塾に行かずに困っていることがあるとすれば

模試が受けられないということだけですかねぇ・・・。

 

1、2年のうちはオープン模試もないので少々不便です。

立ち位置がわかるともっといいのですけど。

 

それでも、おうち英語に時間を取りたい我が家は

当面塾に通う予定はありません。

 

中学生になると本当に時間がないですね(^^;

 

 

 

↓応援お願いします!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村