Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_m

「英語が話せるからと言って文法ができるわけじゃない」

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今日のblogタイトルは

先日、娘がボソッと呟いた一言です。

 

中学校で習う英語も

少しずつ本格的になり始め、

つい先日【代名詞】を習ってきました。

 

その際、代名詞の活用を

 

I – my -me – mine

you – your – you -yours

he – his – him – his

she – her – her – hers

 

という感じで

「ゴロ良くリズムに乗って覚えましょう」

とクラス全員で何回かリピートしてきたようです。

 

それが娘には驚きだったようで(^^;

 

「今まで英語に触れてきたけれど

一度もこんなことは意識してこなかった・・・」と。

 

「当たり前すぎていちいち考えることすらしなかった。

改めて覚えようとするとなかなか難しいね。」と言っていました。

 

「そうかー、そうだよね。」と私も妙に納得で。

 

こんなこと(と言ってはダメですが)

いちいち考えて、頭で選びながら英語話そうとしたら

英語なんて話せませんよね。。。

今、娘は

<自分の中の英語と文法という規則を照らし合わせる>

という作業中なのだなと改めて思いました。

 

正確性を高めていくためには必要な作業だと思いますが

娘の呟き通り、英語を話すのに文法はマストというわけでもなさそうです。

 

中学英語も昔とは随分と様変わりして

英文法重視ではなくコミュニケーション重視で

授業が進められていますが、

それでも定期テストはペーパーテストで

文法内容が問われるわけであって・・・。

 

中途半端感をやはり感じてしまいます。。。

まだまだ日本の学校英語は

根本から変えていく必要があるのではないでしょうかねぇ。。。

 

 

ちなみに・・・

この代名詞の暗唱(?)

どこの中学校でも必ずやるようで

(遠い記憶をたどると私も中学のころやりました)

私の高校の生徒たちも知っていますし、

諳んじてたいていの生徒は言うことができます。

 

しかし問題なのはそこからで、

諳んじることはできるけれども、

どこでどう使うために覚えさせられたのか、まで

理解している子はほとんどいないのです・・・( -_-)

 

 

 

 

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村