Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましましょう♪

0c3e6014b24a29b554a956a86e0d064e_s

単語の覚え方~中高生・大人向け~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

中高生を指導していて

「これは大変だなぁ・・・」

と思う分野の一つが語彙です。

 

現在中学校で必修とされる英単語数は1,200語です。

ゆとり時代から300語増えましたが、

それでも1,200語です。

 

大学入試の一つの目安は

センター入試かと思いますが、

そのセンター入試には約4,000語が必要だと言われます。

難関大学では約6,000語とも言われます。

 

つまり中学時代に1,200語しか身に着けていない状態だと

高校3年間で最低2,800語以上の単語を

覚えていかなければならないということになります。

 

小さいころから英語の積み重ねがあればいいのですが、

ないとしたら、他教科の勉強もある中、

これはなかなか大変なことです(*´Д`)

いろいろな単語集が各社から発売されていますね。

大学受験鉄板の単語集 DUO 3.0

駿台受験シリーズ システム英単語

灘高キムタツ先生の夢をかなえる英単語 新ユメタン

などなど英単語帳シリーズは悩むほどあります。

 

しかし、問題なのはなんの単語集を選ぶかより使い方なのかなぁと。

 

私は単語の覚え方に王道なしと思っているので

短期間に暗記で語彙を増やすのであれば

ただひたすらに反復して覚えていくしかないと思っています。

 

その【ただひたすらに反復】という点において

これまでで一番共感した方はgoogle元社長 村上憲郎氏です。

 

村上氏の単語の覚え方の極意は「ひたすら眺める」ことだそうです。

毎日毎日、ただひたすら単語を見る、眺める。

最終的な目標としては1日に1万語見る。

毎日10語ずつをコツコツと…なんていうのは全くダメだそうです。

毎日1万語、全部を見る。

少しずつではなくて、一気に徹底してやることが単語を覚える極意なのだとか。

 

村上式シンプル英語勉強法 使える英語を、本気で身につける (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥756から
(2016/12/20 20:15時点)

1万語と聞くと大変に聞こえてしまうかもしれませんが、

1万語という数字は村上氏のように第一線のビジネスマンとして

英語を使ってバリバリとビジネスしていくためのもの。

 

大学受験の高校生であればその約半分の6,000語を

毎日時間を決めて眺めていけばいいことになります。

 

シンプルですが、この方法は非常に有効だと感じています。

 

例えば、それは人を覚えていく過程にも似ているようにも思います。

新しいクラスに入り、最初は名前も顔も一致しない状態であったとしても

毎日毎日顔を合わせていれば、覚えようとしなくても

1年も経てば顔と名前が自然と一致しているものです。

 

英単語の習得にもこの理屈を当てはめてしまえばいいのかなぁと。

 

継続は力なりと言いますが、単語に関してもそうですね。

 

まぁ、一番継続が難しいんですけどね(^^;
応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村