Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

acca77ee82505ae7c156151db24cea51_m

 英検準1級合格のカギは語彙力だけど

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

娘の英検準1級受検について

最近いろいろ考えています。

 

どんな試験にも傾向があり、

その傾向に合わせた対策が必要になります。

 

2級まではいわゆるノー勉で大丈夫だったわけですが、

中学生ぐらいの年齢の子が準1級に挑戦するとなると

それなりの準備も必要かなと思います。

 

そこで英検準1級合格のために必要な準備を考えてみると

もうそれは【語彙】以外にないですね。。。

 

準1級で新たに出題される文法というものもありませんので。

 

そうなると【語彙の強化】は避けて通れないところです。

 

おそらくですが、長文のための語彙というのは

あまり対策を講じなくても娘の場合は大丈夫なのではないかと

思っています。

たぶん未知の単語があったとしても、文脈などからある程度

その単語の意味を推察しながら読み進めていくことができると思うのです。

 

問題となるのは、

最初の「短文語句空所補充問題」であろうと思います。

全部で25問ありますが、合格するためには、

最低でも17、18問は正解しなければなりません。

 

短文だと文脈から推察するということができませんので、

その単語そのものを知っている必要があります。

 

そこに出題されやすい単語だけをピックアップして

覚えていくという作業をしない限り、

ここ数年での合格は厳しいような気もします。

 

準1級用の単語集

キクタン英検準1級

英検準1級 でる順パス単

などを買って覚えさせるか・・・。

 

でも、そういう「日本語」=「英語」というような

単語の覚え方をして欲しくないという気持ちもあり・・・。

 

とりあえず、

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル

をやらせてみて、もう一度考えてみようと思っています。

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村