Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 このニュースはちょっとショック。でも現実だと思う。

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

かなりショッキングなニュースを見つけてしまいました。

そのニュースとは

<京都府>中学英語教員、TOEIC「合格」わずか

です。

 

すでにお読みになった方も多いかと思います。

そして記事の内容を信じられない方も多いのではないかと思います。

 

現場を多少なりとも知っている私は

「あー、あり得る話だ・・・」

と率直に思ってしまいました。

 

私の経験からでも

「うそでしょ?大丈夫?」と思う先生が

過去に数人おられました。。。

 

私もそんなに偉そうな口を叩ける方ではないのですが

とりあえずALTと一緒に授業を行える英語力はあります。。。

一緒に働いていたALTが

「あの先生とは授業中に意思疎通ができなくて困る。

私の言っていることも理解してもらえないが、

私もあの先生が言っている英語が理解できない」

という大変ショッキングな悩みを言っているのを聞いたことがあります。。。

 

どうしてこう低スペックな先生が採用されてしまうのでしょう?

 

教員採用試験は結構枠が狭く、難関だったりしますが

英語科の教員の倍率は他教科に比べると低いことが多いです。

 

その理由は

離職率が他の教科に比べて高かったり、

単位数そのものが他の教科より多いため、

採用人数が多い→倍率が低い

というところではないかと思います。

 

また教壇に立ってからは

授業に加え、担任業務、部活の指導に追われ、

確かによほど頑張らないと自己研修する気力は

湧いてこないかもしれません。

 

特に中学校は激務ですから・・・。

 

 

今回の京都のケースは

TOEICで英語力を測ろうとしているところにも

若干問題はあるのかなぁという気もしなくはありません。

 

TOEICは日本で

何かと英語力を測る代名詞のように出てきますが

教育現場の英語力を測るのにふさわしいテストかと

聞かれれば、疑問は残ると思います。

 

何の対策も講じることなしに受けると

時間配分などで失敗し、実力が得点に反映されにくい

ということが考えられなくはありません。

 

そういうことを大目に見たとしても

衝撃的な現実だということには変わりはありませんよね・・・。

 

学校現場でもそうなのです。

塾、家庭教師レベルになったらどうなんでしょう・・・。

 

そんなわけで、私は他教科においても疑心暗鬼で

塾、家庭教師に任せる気がしなくて・・・。

 

スカイプレッスン一つにしても、

厳しい目で先生を選んできました。

 

学校や学校の先生は選ぶことができないので

「仕方がない・・・」と諦めるしかないのが現実ですが、

プライベートでは一切妥協したくないと思っていて。

 

信じられるものは自分の目だけかなとも思いますし。

誰かに思考や判断を預けるのが一番良くないですよね。

自衛の意味も込めて、家でしっかりと子供の英語を育んでいきたいと

改めてこの記事を見て思ってしまいました💦

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds