Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 小学5・6年の英語教科化に思うこと

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

いよいよ小学校で英語が教科に格上げされるようです。

小学5・6年の英語教科化、休み時間・夏休み活用 文科省案

 

私個人的には

「逆行してるなぁ・・・」

と思ってしまいます(´-ω-`)。。。

 

一般的には【教科】になるということは

それでけ英語の重要度が上がり、

教育として本腰を入れて取り組むということになる

ということになるでしょう。

 

しかし、教科になるということは

評価の対象になるということでもあります。

成績が付けられるということになります。

 

成績やテストについてどうなるのかという

詳細については何も発表されていないのでわかりませんが、

少なくとも中学受験の試験においては

英語は確実にテストで能力を測る【教科】になっていくことでしょう。

 

しかも、今回の文科省案では

英語は教科に格上げするものの、

実施する時間を確保することが難しいため

休み時間と夏休みに時間を設けて実施するという

非常に苦しい内容になっています。

 

継続という面を考えるならば

休み時間を活用するというのは一案だと思います。

どのように英語を取り扱っていくのかは未知数ですね~。

 

しかし、もう一つのアイデア、

夏休みに集中的に時間確保は最悪だと思いました。

 

英語育児に取り組んできて思うことは

本当に【継続は力なり】の一言です。

 

一時的にドバーッと英語のシャワーを浴びせても

それはただのパフォーマンスに過ぎず、何も残りません。

「とりあえずやった」というやっつけ仕事になるだけです。

 

大胆な提言をしてしまうなら、

英語を話せる人を増やしたいのであれば

英語は受験主要教科から外して、

体育のような実技科目にしてしまうべきだとさえ思います。

 

間違いを咎めるテスト・教育をしていては

話す力は育っていかないと思うのですが。。。

 

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds