Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 英語学習法としての音読ブームに思うこと

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

私の教員歴ですが、

私は大学卒業後、正教員として3年勤務しました。

その後、結婚のため実家のある県を離れる必要があったため退職しました。

 

その後、会社勤めもしてみたかったこともあり、

学校ではなく、一般企業に就職しました。

 

その会社を5年勤めた後、出産し、しばらく専業主婦をしていました。

 

下の子が幼稚園年中になったのを機に

家庭との両立を考え、非常勤講師として教壇に復帰することにしました。

 

10年ちょっとのブランクを経て教壇に復帰して一番驚いたことは、

「高校でもコーラスリーディングするんだ!(@_@)」

ということでした。。。

 

私が現役で学生だった頃、新任で学校に勤めていた時、

高校で教科書の音読に時間をたくさん割くなんてことは

ありえませんでした。

 

まさに文法主体の授業という感じで

「声に出して読む英文を読む」

ということは相当疎かにしていたなぁと。

 

冷静に考えれば

語学の授業なのに声に出して発声するというのは

極々当たり前のことなのですが、、、

 

そんな感じで今、高校の教育現場でも

【音読】というものが重視されてきています。

 

しかし、限られた授業時間内で

どれくらい音読に充てられるのか、

そして高校生ともなると恥ずかしさも手伝って

あまり読むことに積極的ではなくなる、

という悩みを抱えながら指導している毎日です。

 

確かに【読む】ということは非常に大切ですが

【ただ読んでいれば英語ができるようになる】

というわけでもないと私は考えていますので、

音読にあまり重きを置くのもなぁ・・・と思っています。

 

そんなところに、

東進ハイスクール英語講師安河内哲也先生と

灘高教師木村達哉先生の音読に関する対談を見つけました。

 

ブームに躍らされるな! “棒読み”音読は効果なし

 

お二方のご意見、全面的に賛成します!!!

 

最近、一般の英語学習でも音読というのは

大ブームでたくさんの書籍が出ています。

英会話・ぜったい・音読 【入門編】―英語の基礎回路を作る本

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

CD付き 1日5分!絶対英語力が身につく音読ドリル

 

英語をマスターするには音読は欠かせないトレーニングだと思いますが

音読だけでも英語がマスターできないのも事実だと思います。

 

聞き流すだけ、

読むだけ、

「だけ」で英語は身につかないということですね(^^;

 

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds