Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 昨夜の「好きか嫌いか言う時間」を見て

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

昨夜、たまたまリビングのテレビが付いていて

「好きか嫌いか言う時間」というテレビ番組をみました。

 

番組中、高学歴ママの一人の方が

英語と日本語を交互にお子さんに語り掛けている姿

など熱心にお子さんに教育されている場面が紹介されていました。

 

方や、中卒ママも信念持って子育てしていることを紹介しつつ、

両者が意見を戦わせるという番組の流れだったのですが。

 

見ていて、

「こんな両極端な意見・価値観を持つ人たちが

分かり合えるわけないでしょ・・・」

と思ってしまいました。

 

お互いのダメ出しをしあうだけの展開だったように思います。

 

私はどちらも信念持ってやっておられることであれば

価値観を尊重すべきなのでその方の意見が一番だと思います。

 

みんな違ってみんないい、です。

 

ただこういう番組を見ていて危惧するのは

教育ママの図式を極端なところで確立させてしまうこと。

 

英語育児も同じような印象を世の中に与えることでしょう。

 

子供に無理矢理やらせている。やりすぎな親だ。

というメッセージを極端な例を取り上げることで

世間に負のイメージを与えていくのってなんだか違う・・・

と思ってしまいます。

 

日本のテレビ番組って

バカを容認する、バカを支持する

ものが多すぎるように思うのです。

 

もちろん勉強ばかりが世の中の尺度ではないので

勉強ができないことを卑下する必要もないのですが、

真面目にいろいろなことを真剣に考え、取り組んでいる人々を

揶揄する流れは間違っていると思います。

 

昨晩のテレビをみていて、

英語育児もきっとひとくくりにされているんだろうなぁ・・・

と少し憂鬱になった私でした。

 

何事も

やりすぎもよくない

やらなさすぎもよくない

と思うんですけど・・・。

 

そういうほどほど感では

テレビ番組は盛り上がらないんでしょうけど・・・。

 

愚痴愚痴ブログすみません💦

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds