Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

我が家の英語育児はフィンランド流?!

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

知人の方から面白い本をお借りしました。

受けてみたフィンランドの教育

 

高校生でフィンランドに留学した娘さんと

その保護者の方のそれぞれの観点からの

体験・感想がまとめられた1冊です。

 

この本の中にも紹介されていますが、

フィンランドなど北欧の国々は

英語力が高いことで知られています。

 

最近、英語の習得を目的とした留学で

英語の本場・アメリカやイギリスを選ばず、

治安や費用などの面で

北欧(フィンランド、デンマークなど)を選ぶ

人が密かに増えていると聞きました。

 

受けてみたフィンランドの教育の中で

なぜフィンランド人が高い英語力を

身に着けることができているのかについて

触れられている一節がありました。

 

~吹き替えなんてありません~

日本とフィンランドで圧倒的に違うことは、

テレビ番組の字幕と吹き替えの差である。

フィンランドではほぼ毎日、日本でいうゴールデンタイムに

洋画を放送する。アジアの映画もたまにあるが、ほとんどが

欧米の映画である。

(中略)

彼らは子どもの頃から洋画もアニメも英語で聞くことになる。

(中略)

私が、「学校で英語を習い始めてそんなに経っていないのに、

なんでそんなに英語が理解できるの?」と聞いたら、

「僕はこういうのを五歳から見てるから、自然と分かるように

なっちゃった」とあっけらかんと答えた。

 

この部分を読んだ時、

「あー、これはウチでやってきた方法と同じだわ(*’▽’)」

と思いました。

日本ではテレビでは洋画も吹き替えが一般的です。

副音声にしなければ英語は聞けません。

時々、副音声がない時さえあったり(^^;

 

我が家の場合は、かなり人工的に頑張ってアニメや洋画を

字幕なしの英語のみでずっと子供に見せてきました。

そしたら、いつの間にか英語が分かるようになった、

というだけのこと。

 

英語育児を始めた当時は、

フィンランド方式は全く知りませんでしたが、

結構理にかなった方法を実践してきたんだなと。

 

もしかして前世はフィランド人か?と思ったり(^^;

 

我が家からは遠い遠い、フィンランドですけど

ものすごい親近感を持ってしまいました。

そして自分の英語育児にも確信が持てました(^^)

 

こうなったらフィンランド式を極めてみようかと思うくらい♪

英語で論理的なエッセイが書けるようにまで

英語力を高めることを英語育児のゴールにします(^_^)/

 

まだまだこの先も頑張ります♪

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds