Pocket

ぶんここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 公立高校入試始まってますね

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今週は多くの都道府県で公立高校入試が行われているようです。

私が住んでいる県でも高校入試が行われています。

昨日、筆記試験の問題が新聞に入っていましたので

私も娘も英語をやってみました。

 

結果、感想は、

「まぁ、できるけど・・・。英語自体はそんなに難しくはないけど

手足が縛られてる感じがする問題だよね。」

というところです。

 

こちらの県の問題では、

空所穴埋めが結構たくさん出題されていました。

 

選択肢があるものもあれば、選択肢がなく自由な箇所もあり。

 

しかし、自由と言っても(   )の数という語数制限があり、

そこがなかなか難しいのです。

 

自分の普段の言い回しと微妙に違うと

思いつくまで時間が掛かってしまうのですよね(^^;

 

たとえば、こんな出題がありました。

 

Mary: Good morining,Kota. Your eyes are read. Are you OK?

Kota: Good morning, Mary. I’m fine, but I didn’t sleep much last night.

So I still (          )(         ).

 

(   )に適当な英語を入れて、英文を完成させなさい

という問題。

普段、私が自由に話すなら

I’m still sleepy.

というはずです。

 

しかし、stillという副詞がIの次に置かれているということは

文法ルールによりbe動詞を使うことができません。

よって、答えは

I still feel sleepy.

となるわけです。

 

stillの位置からbe動詞を使うか一般動詞を使うかわかるか

という出題意図なのでしょうが

なんだか不自然な感じがしてしまうのは私だけ?(^^;

 

ちなみに娘も若干、この問題には困っていました。

「I still want to sleep.だと(       )が足りない~」

という感じで。。。

 

この手足が縛られてる感が

ある意味難しく思ってしまうんですよねー。

歯痒いとでも言うのかな。

 

英語を話すときはもっと自由だよね?

と思ってしまいます。

 

こういうテストを人生の節目の大きなテストにしていては

英語を話せる子をたくさん育成することは難しいのではないかと

思ってします。。。

 

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds