Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 佐藤ママのご長女東大合格の記事を読んで

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

ネットサーフィンをしていたら

佐藤ママの長女、東大理IIIに現役合格 “最難関”に子ども4人全員受かる

という記事を見かけ、読んでみました。

 

「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

等を著しておられる佐藤ママこと佐藤亮子さん。

 

ご著書は残念ながら拝読したことがないのですが、

佐藤さんのことは何がきっかけだったかは忘れてしまいましたが

熱心にお子さんの教育をされている方ということで知っていました。

 

【4人のお子さん全員が東大に合格する】というのは

凄いですよねぇ・・・(@_@;

 

私はただただ佐藤さんのことをすごいなぁと尊敬します。

自分にはマネは絶対できないと思いますが(^^;

自分が絶対にマネできないと思うほどの

プロの教育ママです。

 

プロを極めているという意味で尊敬に値します。

 

子供3人の夏休み中の学習計画を分単位で子供一人一人に作成する

なんてなかなかできませんよΣ(・□・;)

 

この教育方法が万人に向いているとは思えませんし、

マネができるとも思えません。

まったくもってプロの仕事です。

 

プロの仕事はプロの仕事として賞賛されるべきだと思います。

 

もちろん佐藤さんの教育手法には批判もあります。

 

そんなに親が管理したら子供の自主性がなくなるとか

子供は幸せなのか?

親がそんなにレール敷くってどうなの?とか。

 

でもこういう批判の根っこには

最近の日本は

【努力することはかっこ悪い】

みたいな風潮があるような気もします。

 

『「勉強しなさい」って言ってないのに

子供が自主的に勉強して東大に合格しました。』

とか

『親に「勉強しろ」と言われた記憶はないですね』(by現役東大生)

みたいな記事がeduとかプレジデントファミリーにも

多く載るのもそんな風潮の一つなんじゃないかと思ってしまいます。

 

こういう記事を読むと、

「へー、カッコイイ。凄い子がいるもんだなー。」と思う反面、

「勉強しなさい!」と言われずに勉強を進んでする子が

この世にどれだけいるのだろう???と私なんかは思ってしまいます(^^;

 

自主的に進んで自分から勉強すること待っていたら

しないまま終わってしまいそうな我が子たち・・・。

 

私は毎日子供に「勉強しなさい!」と言いますし、

佐藤さんほどではありませんが、

「今日は最低これだけの分量をやりなさい」という指示はします。

努力、地道な勉強は絶対必要だと思っています。

 

勉強なんてやらなきゃできるようにならないものだ

と思っているので、私にとっては佐藤さんの意見・手法は

とても清々しいものです。

 

日本は謙遜も好まれる風土なので

「いえいえ、我が家はやってませんよー。」というのが

一般的ですが、

佐藤さんは「我が家はこんなにやりましたよ!!!」と

堂々と宣言しておられる点が実に爽快です。

 

私は子どもの勉強全般で佐藤さんのように

やりきることはできませんが、

英語育児ぐらい「我が家はこんなにやりましたよ!!!」

と言えるぐらい子供に英語をマスターさせるレールを

敷いてあげたいと思います。

英語だって何もせずにできるようになるなんてことは

ないのですから。

私も清々しく言っちゃえるようになろうと思います(^^)

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds