Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 英語育児で外注できること、外注できないこと

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

先日、英語育児とお金の話でこれまで我が家が

英語に投資してきたお金の話をしましたが、

冷静に考えてみると、そんなにとんでもない金額を

遣ったわけでもないのかなぁーと思ったり(^^;

 

もし仮に英語教室に週1で通わせていたとしても

同じくらいの金額が掛かったんじゃないのかなぁと

試しに電卓を叩いてみたら、

投資したのに近い金額が出てきて驚きました。

 

やっぱり【外注】ってお高くなるんですね・・・。

 

世の中、だいたいのことはお金で解決できる

と言いますが、英語育児に関してはそうでないところもあると感じています。

 

お金にものを言わせて、

週2、3日でネィティブがいる英語教室に小さいころから通わせたって

自宅で何もしなかったら、まず英語を話せる子には育たないでしょう。

 

張り切って、年間100万円以上支払って

インターナショナルスクールに行かせれば

英語は話せるようになるかもしれません。

でも母語である日本語を犠牲にする恐れはないでしょうか。。。

 

そう考えると、

程よい結果を求める英語育児において【お金で解決できること】というのは

限られているようにも感じます。

 

私が英語育児に遣ったお金は

教材、絵本、DVD購入、そしてSkypeレッスン代です。

 

これはどれも自分でなんとかすることが難しく

他人の力を借りることが私には必要な領域です。

だから当たり前のようにお金で解決しました。

 

英語の語り掛けも私は一切しませんでした。

家族間で使う言語は我が家の場合、

今も昔も日本語オンリーです。

親子の何気ない会話の中にも

母語習得、親子関係に必要なものがあると思っているので

英語での語り掛けはメル講師にお願いしました。

それで十分成功したと思っています(^^)

 

 

でも、

「毎日時間を見つけて英語をコツコツと続けること」

「子供がその教材にどんな反応を見せているのかチェックすること」

「子供の興味を英語育児につなげること」

ということは人任せにはできませんでした。

ここは【外注】できない、

もしできたとしても専属の人を雇う必要が出てきて

とんでもない金額になるか、というところですね。

 

英語育児って単純に投資した金額だけで

成果が約束されるものではないというのは

確かなことだと思います。

 

日々の継続というのは家庭の力に拠るところが大きいのかなと。

 

継続、環境を作るということはプライスレスなんでしょうねー。。。

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds