Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 英語育児あるある?!~教育ママと言われる~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

英語育児をしていることを私は

周囲にそれほど大っぴらに言っていません。

 

自分から言うことはまずありません。

現代の隠れキリシタンのような感じですかね(^^;

 

そういう話題になったり、請われれば話すことはありますが、

経験上、興味本位で聞かれているだけだと感じていますので

それほど一生懸命には話しません。

 

話したところで

私がやってきた英語育児をマネしようという人はいないんで。

私の影響で英語育児を始めたリアルな知人っていないです(^^;

 

たいていは

「すごい教育ママだよねー。マネできないわ。」とか

「それは自分が英語ができるからできるんだわ。」

というぐらいの反応です。

 

もっとひどいと

「うわっ、Helicopter mom(ヘリコプターママ)だ。

子どもがやりたいって言ったんですか?お子さんのこと管理しすぎじゃないです?」

と面と向かって言ってくれた人もいます( -_-)

 

ヘリコプターママとは

ヘリコプターのように子どもの周囲を飛び回り、

あれこれ子供の世話をしまくる母親

のことです。。。

 

ちょっと「家で子どもに英語でアニメ見せることもある」と

言っただけでこれだけ過剰に反応されることもあるって・・・(^^;

 

英語育児をやっているとこんな思いされることないですか?

もしくはこんな風に反応されることを恐れ、

英語育児の仲間はネットだけ、ってことないですか?

 

もしかして私だけ??(^^;

 

世間から評価されたくて英語を家でやっているわけではないので

何を言われても基本私は平気なんですけど、

わざわざ自分から話して地雷を踏んで爆死するのも嫌なので

外では英語育児をやっていることはほとんど話さないわけです。



 

ここからは愚痴もどきになってしまいますが、

だいたい世間一般的に【教育ママ】って言葉が持つイメージ悪くないですか?

 

ガツガツしているママ、

「ガミガミガミガミ、ザマス、ザマス」な感じのママ、

子どもに自由を与えず管理しまくるママ、

見栄張りで虚栄心が凄いママ

他の子との比較して優越感を感じるママ

 

という意味を含んでいる響きがあるように私は感じてしまうんですが💦

私が意味を深く詮索しすぎなのでしょうかねぇ?(^^;

 

でも・・・

教育にも熱心で子どもの将来に多くの選択肢を創ることを手伝っているママ

と肯定的な意味合いで、この言葉を使う人ってほとんどいない気がします。

 

本来は後者の意味であるべきだと私は思っているんですが。

 

私が子どもに英語を小さいころから与えてきたのは

 

「小さいころから英語に触れることで

バイリンガルとまでは言わなくとも

英語を楽に操れるようになるんじゃないのかな?」

「英語が話せた方が人生楽しんじゃないのかな?」

 

そして少しの下心

 

「学校英語で困らないんじゃないのかな?」

 

という思いからですが、

一番大きな私の原動力になっている思いは

 

【英語を身に着けさせることで子どもの将来の選択肢を広げてあげたい】

という思いです。

 

子供の将来のことを一番に考えて

いろいろと情報を集め、子どもがその時が来たら

最善の選択ができるようにと骨を折っている親心を、

過干渉だの子どもの自由・選択の権利を奪っている、やりすぎだの、

非難されるのはどうかと思ってしまうんですけど・・・。

 

でもたいていは【下心】のところばかりに

人の興味関心がフォーカスされてしまって

ネガティブな意味合いで使われちゃってる感じですよね・・・。

 

子どもの生育環境って良くも悪くも大人・周囲が決めてしまいます。

子どもにその環境を選ぶ権利はないかもしれません。

親の配慮・心配が子どもにとっては迷惑だったり

余計なお世話だったりすることが時にはあるかもしれません。

でもそれは子どもが大人になった時に

自らの意志で選択肢から外せばいいだけのことなのだと思っています。

 

子どもが20才を超えても親が

「ああしなさい。こうしなさい。」と言うのは

ちょっと違うかなと私も思っています。

 

 

でも子どもが自分で選択する力を持たない時は

親の権限で環境を与えていいと思うのです。

 

「英語がやりたいよー」と自らの意志で言う2、3歳児って

この世にはほとんどいないと思います。

子どもから請われるのを待っていてもその日は来ないと思うのです。

 

世の中にはいろいろ人がいるので、

そりゃ自分の見栄や世間体を気にして子どもに

「いい高校に行け、いい大学へ行け」とか言う人もいるでしょうが、

子どもの将来を考えてちょっと家で早めに英語を与えたからといって

それとひとくくりにされるのは私にはとても不愉快なんですよね(´-ω-`)

 

積年の鬱憤をぶちまけてしまってすいません💦

 

英語育児あるある?!で書いてしまいましたが、

私と同じ経験している人いるのか定かではありません(^^;

もし共感してくださる方が一人でもいてくださればうれしいです・・・。

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds