Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 

 ぼんやり英語の子が増えている・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今年も新学期が始まりました。

私は久しぶりに1年生を担当しています。

 

まだ数時間ほどしか授業をしていませんが

今漠然と感じていることは

「ぼんやりと英語がわかるという子が増えているな」

ということです。

 

端的に言うと

文法力の低下、書くという技能の低下を感じるのです。

 

中学英語はアクティブラーニングを主体として

【使える英語】=【オーラルコミュニケーション】

を重視する方向性で授業が行われています。

 

これが非常に功を奏しているところもあって、

英語での口頭での受け答えの面では数年前と比較しても

やはり能力が上がっていると思います。

アクティビティに対する参加意欲も旺盛ですし。

 

ただ結局のところ、

【ぼんやり】としか理解できていない子の割合

がものすごく増えているなぁ・・・と。

 

Listening、Speakingは言葉は悪いのですが

ごまかすことができるんですよね。

全部において完璧でなくても他で帳尻を合わせることもできます。

 

授業中のゲームを楽しむとか、

英語でほんの簡単な会話を楽しむ程度なら

文法力というものがなくても問題ないのでしょうが、

【ぼんやり英語】ではそれ以上のことができません。

 

フレーズ丸暗記の英語はいつか限界がきます。

 

やはり自分で英語を読み、自分で英文が組み立てられなければ

英語をツールとして使いこなすことができません。

 

そのためには文法力が必須だと感じます。

 

我が家の娘の英語も

小学生までは文法ということにはノータッチで、

英語をシャワーのように浴びてきただけだったので

中学英語をやらせたときは相当【ぼんやり】としていました。

子ども英語から卒業し、真の使える英語力を身に着けるためには

やはり文法力は必須だと感じ、修正作業をずっと行ってきました。

今、9割ほど完了したかなぁという感じです(^^)

 

我が家の娘のことは私個人の方針で

なんとでも料理できるのですが

学校というところではなかなか・・・。

 

良いところを伸ばしつつ、

弱点を補う授業をやっていきたいと思いますが

パターンプラクティスで文法を習得させるのも

限界があると感じており、

大きな課題と向き合いながら日々模索しています・・・。

 

文法というものをしっかりと押さえていかないと

英語はわかるけどそれ以上は・・・という

【ぼんやり英語】の域を決して超えないと思います。

本当に使える英語にはならないのです。

 

文法重視=詰め込み式、大学受験、使えない英語

というイメージが残ってしまっていますが、

文法というものは絶対に疎かにしてはならないものです。

 

グラマーを中心に授業をするわけではありませんが、

要所要所で文法の大切さを今年も伝えていきたいなぁと

思っている新学期なのでした。

 

今年も頑張ろうと思います(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds