Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

英語で日記を書いて学校の宿題を有意義に♪

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今年中学校2年生になる娘は

地元の公立中学校に通っています。

 

私の住んでいる県に私立の中学校はあるにはあるのですが、

通学に1時間以上要しますし、私も主人もオール公立育ちのため

私立に中学校から行かせるということがあまりピンとこなくて・・・。

 

そして経済面からも、下の子のことまで考えると

二人も私立中・高の学費を払っていける自信がなく、

私立受験はまったく考えませんでした(^^;

 

娘が通う公立中学校、

確かにいろいろな問題を感じます。

 

 

語り始めればたくさ~~~~んありますが、

たいていのことは学校任せずにせず、

個人の努力でなんとかカバーすることができ

それほど深刻な問題にはならないかと感じています。

 

しかし、そうは言っても個人の努力ではカバーできず

イラッとする問題があります。

 

それは【宿題】です。

 

やたらめったら宿題が多いのです(; ・`д・´)

 

しかもその宿題の内容が実戦的な内容とは言い難く、

私にしてみれば【作業】と思えるものばかり・・・。

 

英単語、漢字を1ページ全部埋まるように写す、しかも3ページ!

ワークは答え合わせだけでなく解説も書き写すとポイントUP!

とか・・・。

【作業】なので時間ばっかり掛かります。

 

部活などもあってただでさえ時間との勝負なのに

他のやりたい(やらせたい?)勉強をする時間を

確保するのが宿題のせいで困難になることもしばしばです。

 

「こんな作業、写経だと思って私がやってやろうかしら・・・」

とすら思ってしまうのですが、明らかに筆跡が違うので

それもバレバレでダメでしょう。

(倫理的にもダメでしょう・・・)

 

しかし、2年生になり、

国語、他教科はあまり変わりませんが、

英語の宿題にだけ変化がみられました!

 

宿題に選択肢が増えたのです。

 

教科書を写してもいいし、

単語練習をしてもいいし、

英語で日記を書いても良い、

とにかく1ページが英語で埋まれば良し!

となったのです♪

 

無駄な作業からやっと脱出することができました!

 

確かに英語で日記を書くのも

それなりに時間が掛かってしまうものなんですけれども

こっちの方が娘のwritingの力を見ることができますし

色々教えることで娘のwritingのスキルも上がります。

 

将来的に考えたら、

断然、英語で日記を書く方が本人のためになる勉強となります。

 

書きっぱなしでは意味がないので

全部私が添削しています。

いやらしいので赤ペンなんかは入れませんが💦

 

学校の先生は忙しく、

一人一人の宿題の内容を添削することまで

求めてはならないと思っていますし、

そこまで期待していません。

 

宿題のこの自由を認めてくださっただけで御の字です。

 

限られた時間で実のあることをやっていきたい(やらせていきたい)

という思いがどこまで公立中学校で実現できるか、、、

それが私の当面の挑戦です(´-ω-`)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds