Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 小学校学習内容と中学学習内容の相関関係

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

我が家の子どもは3歳離れで

現在、上が中学校2年生、下が小学校5年生です。

 

二人の勉強を去年から見ていて

小学校4年生の内容が中1でさらに深く、

小学校5年生の内容が中2でさらに深く、

という相関関係を色濃く感じます。

 

つまりは小学校4年生の内容で躓くと

中学校1年生でもさらに傷が深くなっていく

ということですね・・・。

 

映画のビリギャルを見ていたら

勉強のやり直しとして

小学校4年生の公文のワークを使っている様子が

映し出されていましたしね(^^;

 

そんなわけで今、息子と娘は日本の地理を勉強しています。

学年が3歳離れだと、同じことが学習できるんだと

改めて感じています。

 

当然、中学校2年生の内容の方が深く難しいのですが

内容がまだ簡単と言っても、

小学校5年生にはなかなかのボリュームの暗記量で

息子の方ががヒーヒー言っています(^^;

 

川と平野、山脈名を覚えるの結構大変です。

 

でもそんな時に改めて効果を発揮しているのが

七田式(しちだ) 社会科ソング・日本地理編です。

兄弟揃って熱心に最近聞いています(^^;

 

このCDの対象年齢って幼児~小学生なんでしょうが

実際に役に立ってくるのは

小学校高学年から中学校だと思います。

 

でも、確かに対象年齢としては幼児~小学生であるべき

とも思います。

 

というのは、

この変な歌のCDを小学校高学年や中学生から聞かせ始めたとしても、

ほとんどの子が聞こうとしないと思うからです。

 

小さいころからなんだかわからないけれど

耳にしてきたからこそ

懐かしさも手伝って、

「おー、実はこの歌、こんなに役に立つヤツだったのか!」

という愛着にも似た思いが湧き上がって

学習に役立ってくるようなカラクリを感じています。

 

しちだ研究所の意図はわかりませんが(^^;

 

少し話が逸れてしまいましたが、

意識して3歳離れにしたわけではありませんが、

学習面では3歳差というのは

なかなか良い影響を及ぼしあえるのではないか?

と思っている今日のこの頃です(^^)

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds