Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 英語教材の英語に感じる違和感

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

毎日のように教科書の英語を目にしている私ですが

いつもなかなかうまく伝えられないと思うのですが

違和感を感じるのです。

 

子供の英語教材でもそのように感じたことが

何度とありました。

 

なんというか、

日本人の 日本人による 日本人のための英語

という感じがするんですよね(^^;

 

ネィティブの英語とは違う何かがあるのです。

 

使う単語が違う、使う表現が違う、

英語は英語なんですが、小さな違いが積み重なって

全体的な違和感がありまくる英語になっているのです。

 

教科書の英語は

海外の文献から引っ張ってきた英語ではなく

教科書のために書き下ろされたものです。

 

もちろんネィティブの監修はありますが、

内容が日本人向けのものなので

文化的な背景などがすべて日本なのです。

 

それを英訳したものになりますから

不自然さが残る英語になるんでしょうねぇ・・・。

 

ブラッシュアップのために

TEDを見たり海外ドラマを見たり

海外のニュースサイトを読んだりすると

「なんかいつも接してる英語と違うじゃん・・・」

と言いようのない違和感を感じているのです。

 

日本人が文化背景的にあまり使わない単語・表現でも

欧米では日常的に使う単語・表現と言うものが

本当にたくさんあるわけで、

しかし私たち日本人は学校英語ではそんな単語・表現は

ほとんど習わないものですから

欧米人には【簡単】と言われるレベルの内容が

日本人には【難しい】となってしまうんですよね。

 

積み上げてきている語彙の土台が違うというか。

 

それは赤ちゃん向けの絵本から始まっていますよね。

 

我が家の子供が小さかった頃

赤ちゃん向けの洋書絵本も読み聞かせしていたのですが

知らない単語オンパレードで自信喪失した記憶があります(^^;

 

このギャップを埋めていくためにも

洋書絵本をたくさん読んで

欧米の人が子どもから蓄積していく語彙を

貯めていく必要があるなぁと思っているところです。

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds