Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

私が見た、経験したフィリピン♪~治安編~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今回は治安編について書いてみます。

 

子連れ旅行だったので

やはりこの【治安】と【衛生面】が一番心配でした。

 

さんざん悪い情報を集めていって用心していたからなのか

メルに全部案内してもらったからなのか

一度も「怖~ッッッッ (llllll゚Д゚)」という経験はせずに済みました。

 

ただどこに行ってもセキュリティチェックは日本よりも

格段に厳しかったですね。

 

まず到着して空港のガードマンが

ショットガン装備だったことにビビりました。

 

迎えに来てくれたメルに

「アレって使うことあるの?」

と聞いたら

「ないといいけど・・・」というかなり濁した返事だったことも

私の恐怖に拍車を掛けました・・・(^^;

 

ホテルでもエレベーターに乗る時、

ルームキーを提示しないと

自分の部屋がある階に行くことができなかったり、

そもそもホテルの入り口で空港のように

金属探知機をくぐらなければならなかったり・・・。

 

ショッピングモールでも入る時に

必ず持ち物チェックとボディチェックがありました。

メルに

「日本でもスーパーに入る時チェックあるよね?!」と言われ、

「ないよ」と答えたら、めちゃめちゃ驚いていました(笑)

あることの方が驚きなんですけど・・・(^^;

 

コンサートとか大きなイベントの際には

持ち物チェックが日本でもあるとは伝えておきましたが

日本の平和さに改めてビックリしてました。

 

飛行機の搭乗検査も靴まで脱ぐことを求められました。

靴を脱がされるわりに床に特別な配慮はされていなくて

「ヒーィィィィ。足の裏が~~~」

という思いで金属探知機を潜り抜けたり・・・。

 

しかし、パワランのコロン島は実にのんびりしていました。

道路に野良犬やニワトリ、ところによっては水牛(!)

なんかがウロウロしていたんですけど、

不思議と車やバイクに轢かれている動物はいませんでした。

無秩序にみえてあの島にはあの島の秩序があるという感じでしょうか(^^;

 

マニラでは挑戦できそうにない

トライシクルという乗り物にも乗れました。

1台のバイクでよくここまで人間乗せられるね!

と感心する乗り物でした。。。

日本の道路交通法では絶対許可されない乗り物だと思いました。

しっかり掴まっていないと絶対落ちるというか(^^;

道路はデコボコで揺れる揺れるでそこらの絶叫系マシンより怖かったです。

おまけに坂道になると大人の男の人が後ろから押して

坂を登り切ったところでトライシクルに飛び乗るという技が求められ・・・。

ウチの旦那さん、メルの旦那さんに教えてもらって挑戦していました(^^;

挑戦というよりやらざるを得ない状況だったというか(笑)

 

コロンでは治安が良かったので

“That’s Philippines”という景色を見たり、体験をすることができました(^^)

 

アイランドホッピングで訪れた島の写真張り付けときます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンという国は貧富も混在していれば

物騒なところもあり、一方のんびりと穏やかなところもあり。。。

 

不思議な国です・・・。

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds