Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 フォニックスの歴史

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今年の夏、Jolly Phonicsのトレーニングに参加し、

めちゃくちゃ感動した私・・・。

 

トレーニングを受けながら

「あぁ、私も子どもの頃にJolly Phonicsを受けたかった・・・」

と本気で思いました。

 

しかし、私が子どもの頃、

フォニックスのフォの字も聞きませんでした。

大学の頃ですら聞かなかったなぁ。。。

 

子どもに英語育児をしていく中で

「海外の子どもはフォニックスを習う」

ということをインターネットなどで見聞きし、

「それならやらせないとね♪」と安易に手を出していたに過ぎません。

どうもその時に手を出していたのは

フォニックスはフォニックスでも

アナリティック・フォニックス

というものであったということを知ったのも今年の夏のことで(- -;

 

早くJolly Phonicsが知りたかったーーーー!!!

と、ものすごい後悔の念に苛まれました。

 

でも・・・

8月11・12日の名古屋でのJolly Phinicsのトレーニング中、

山下先生がPhonicsの歴史・変遷なども詳しく説明してくださったのですが、

説明を聞くと

「なーんだ、仕方がなかったのか・・・( ̄▽ ̄;」と思えました。。。

 

英語圏での読み書きの変遷は下記の通りとなるようです。

 

1960~1970年 look and say「見て覚える暗記」

1970~1980年 whole laungage「言語はそのままとらえる」

 

ここまでは英語圏でもPhonicsという概念はナシ。

まして日本であるわけありませんよね・・・。

この年代に学生だった私がPhonicsに触れられないのも至極当然です。

私の学生時代はただひたすらに個別ケースごとに見て覚えるという

暗記に頼った英語の読み書きでしたね・・・。

電子辞書もインターネットもなかったので大変でしたわ(´Д`)

 

1990~2000年になって

やっとPhonicsと呼ばれる概念が現れてきます。

それがanalytic Phonisです。

 

そして2000年前後に

ようやくsynthetic phonicsが登場し、

10年かけて普及してきたかな・・・という状況だそうです。

 

娘や息子が小さかった頃、

アメリカではまだanalystic Phonicsが主流だったようです。

そんなわけで娘や息子に与えたPhonicsの教材が

analytic Phonicsのものになるのも当然の流れで・・・。

 

私が子どもの頃のように

まるでPhonicsというものに触れられなかったよりは

analytic Phonicsでも触れられたのは良かったと思いますが

やはりJolly Phonicsにもっと小さい頃から触れさせて勝ったなぁ

と思ってしまいます。。。

でも歴史的に仕方がないですね(^^;

 

次回は、analytic Phonicsについて詳しく説明してみたいと思います(^^)

 

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds