Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

英検準1級合格への道♪

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

先日中学校の学年末考査が終了したため、

昨日から本格的に英検準1級の対策を始めた娘です。

1月中頃からまず語彙だけ先行して勉強させようと

でる順パス単 英検準1級 【旺文社】 – PLAYSQUARE INC.

iPadにアプリを入れて取り組ませてきました。

 

文法、長文のチェックも始めようと

DAILY25日間 英検準1級 集中ゼミ 新試験対応版 (DAILY英検集中ゼミ) [ 旺文社 ]

購入しましたので、少しづつ取り組ませようと考えています。

 

問題を改めて見てみると

しっかり語彙対策をすればなんとかなるのではないかと思います。




理想としては

英検準1級の語彙を母国語方式で習得できれば最高だったのですが

日本での生活に軸足を置いている我が家のライフスタイルでは

どうもこのレベルの語彙の自然習得は厳しいかと思っています。

 

もし自然習得させたければ

小学生のうちにそうしておくべきだったなと思います。

 

実際、娘が中学生になってみると

本当に時間との闘いになってしまい

英語にたくさん時間を割くことができませんでした。。。

 

部活、定期テスト対策、高校受験を視野に入れた勉強

という毎日のルーチンをこなしていたら

小学校までに培った英語力の維持が精一杯だったように思います。

 

言い訳に聞こえてしまうかもしれませんが、

我が家の目標はバイリンガルになることではなかったため、

この年齢になったら

母国語である日本語の力を最大限に使えばよいのではないか

と思うのです。

 

準1級で出てくる語彙を見てみると

母国語である日本語ではすべて理解可能な語彙ばかりです。

 

小学校の時であれば思考レベルが追い付いておらず、

日本語を介してもしっかりと理解することは難しかったのではないかと思われます。

 

しかし、今なら意味を一致させ語彙を自分のものとして増やすことができます。

 

そのためか、娘の現在の様子をみていると

難なく語彙を覚えていっているように思います(^^)

 





語彙はしっかりと固めた後は

英作文の対策はしっかりしなければなりません。。。

 

文法面はOKだと思いますが、

やはり語彙をしっかり学習(知っているレベルではなく書けるレベルまで)させないと

準1級の基準を満たす英文が書けるかどうかは現在のところ

やや怪しいと分析しております。

 

娘は息子と違って

フォニックスの学習をしっかりとさせていませんので

我流フォニックスなところがあります。

読む面では不自由している様子は見られませんが

書くとなるとまた別ですね・・・。

thereをtheirと書いちゃうことなんか平気でやりますし・・・( -_-)

 

ということで、英作文もしっかりと練習させたいところです。

 

検定はその勉強をすればちゃんと結果を出すことができると思いますので

着実に英検準1級で求められることを固めて合格を目指したいと思います(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds