Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 突撃!隣のレッスン~第2回~

Englishbuds 管理人 カヨスケ です。

 

前回の突撃!隣のレッスン~第1回~は非常に好評でした♪

そのうち

「MommyKayoさんのツマラナイ話はもういいから

今後ブログは全部隣のレッスンにしてください」

という要望が殺到するのではないかとヒヤヒヤしているぐらいです(^^;

 

さてさて、さっそく第2回目と参りましょう!

第2回目に突撃したお宅は・・・

Kさん宅です(^^)

Kさんのお宅にはE君という大変お利口な男の子がいらっしゃいます。

突撃レポートではEnglishbuds3名の講師とのレッスンエピソードを

紹介してくださっていますが、どの講師に聞いても

「E君はすっごくお利口なんだよ!」と口を揃えて教えてくれるので

私が勝手に抱いているE君のイメージは出木杉君です♪

実は昔から

「男の子を持つなら出木杉君なような息子が欲しい」

と願っていたのですが、

どこでどう間違えたのか

我が家の息子はクレヨンしんちゃんみたいな子で

E君の話を聞くたびに

「Kさんに子育てを教えてもらえばよかったな。もう遅いよな・・・」

と思っているのです。

あ、また前フリが長くなってしまった!

それでは、どうぞ~♪


 

息子は、Englishbuds三人の先生に
それぞれ異なったレッスンをしていただいております。

レッスン中は息子と先生だけのやり取りで、
英語ができない私が画面に映って先生とやり取りする事はあまりありません。

私の英語できなさは、
先生とお話する必要が出ても息子に通訳してもらうことがある程です…

ですから、
私が画面に映る時は笑顔も映らないほど端っこで手を振っている事が多いです(笑)

 

まずはデイジー先生。
デイジー先生とはフォニックスのレッスンをしています。
習ったフォニックスを含む単語や、
その単語を含むセンテンスを考えたり、
Tongue twister(早口言葉)にチャレンジしたりして
楽しくレッスンしています。

Tongue twisterが上手に言えると
デイジー先生がとても褒めてくれるので、
息子は照れつつも喜んでいます(笑)

最近ではTongue twisterを考える課題も
デイジー先生から出されていました。

フォニックスを教えてもらうようになってから
音と文字が繋がるようになったのか、スペルミスが徐々に減っています。

 

次にマデル先生。
現在マデル先生とはRaz-KidsのWritingオプションを使って絵本を執筆中です。
こちらの画面をSkypeの画面共有機能を使って見ていただきながら、
文章の入力や操作は息子自身で行っています。
(私もパソコン操作の補助はします)

まだ操作や入力に不慣れなので25分間のレッスンでは
1ページ書くのがやっとなのですが、
文法の誤りやスペルミスをすぐに訂正していただけますし、
マデル先生は息子が書きたい事をうまく聞き出してくれて、
より良い表現方法を教えてくれます。

息子は「超大作を書く!」と意気込んでいるので
完成はいつになるか分かりませんが、面白い絵本ができそうで楽しみです。

 

そしてメル先生。
Englishbudsでレッスンを開始した頃は、
メル先生とロールプレイのレッスンのみをしていました。
テーマはアドベンチャー。
息子はメル先生とのアドベンチャーの為に、
毎回たくさんの小道具(レゴやおもちゃ)を準備しています(笑)

現在は文法テキストを使った文法レッスンをメインにしていただいているのですが、
アドベンチャーロールプレイも継続中です。

その日の分のテキストが終わると、残り時間がロールプレイの時間です。

でもこれだと一回5分もできればいいほうなので、
今は時々、テキストレッスンをせずに
全部ロールプレイする日を設けています。

息子はメル先生とのロールプレイが本当に大好きで、
この時が一番自然に英語がたくさん出てきます。

宇宙に行ったり洞窟に行ったり、
モンスターやエイリアンに出会ったり・・・
毎回毎回、息子とメル先生はとても楽しそうに冒険しています。

二人のアドベンチャーはまだまだ終わりそうにありません♪

 

いかがでしたか?

すごくお利口で何度読んでも羨ましくなってしまいます~♪

我が家のしんちゃん息子なんて

小5になった今でもレッスン中にサッカーボールを蹴っていたり

柔らかい野球ボールをメルに投げつけようとiPadに投げて喜んでいたりする

大バカくんなので

「この差は一体なんなのだ?!」と思ってしまいます。
(親の違いでしょ・・・)

 

我が家の息子のドタバタと動いているレッスンも

ある種のロールプレイなんですかね?(^^;

そう思いたい・・・。

もちろん毎回ボールを蹴ったり投げたりしているわけではなく、

メルにグラマーのテキストブックを教えてもらったりもしています。

 

先日レッスン中に

be動詞の過去形と現在形のセンテンスを作るお題を

メルに出された息子。

最近太ってきたことを気にしている姉の前で

“My sister was heavy.” “My sister is much heavier than before.”

と答え、兄弟げんかが勃発していました(爆)

 

あ、すみません💦

ウチのバカ話になってしまった・・・。

 

K様、これからもレッスンで冒険をお楽しみくださいね♪

想像の世界は果てしないですね(^^)

 




次にお邪魔したのは

とーーーーーても優しいN様のお宅です。

いつもいつも私に心温まるメッセージを送って下さり、

Englishbudsの運営を励ましてくださいます。

そんなN様のお宅ではどんなレッスンが繰り広げられているのでしょうか???

 

 

カヨスケさ〜ん、お待ちしてました〜。
と、言っても、うちはレッスンと呼べるようなことは一切しておりません。宣言 !(笑)

次男(8才)はあいさつもそこそこにすぐにゲームが始まります。
人生ゲームだったり、ビンゴだったり、オセロだったり、ウノだったり、トランプだったり。
自分の好きな食べ物、遊び、本のランキングを当てるゲームっていうのもあります。

全部こちらでサイコロを振ったりカードをめくったりするので、
No cheating!と言われながら楽しく遊んでいます。

好きな本をCDを一緒に聴きながら、一緒に笑いこけると言うのもよくあります。
何の時間?と思うものも子供にとっては楽しい時間なのかな…

私が見ていて、一番、レッスンに近く、楽しそうだったのは、折り紙と工作です。
兜をいっしょに作ったり、飛び出すカードを作ったこともあります。

そうし先生と呼ばれ、自分で作った兜を誇らしげにかぶる息子に吹き出しそうになりました。
先生方はのせるのが本当に上手。

作り方を説明するのって私には難しいなと思うことも、
子供はいろいろ工夫して伝えるんですね。
どこでその単語覚えたの〜って思うこともしばしば。
先生と遊んでいるうちに自然と覚え、間違っても気にせず、
どんどん吸収していく子供がうらやましいです。

そのカードにメル先生にお手紙を書いているのを見たときは、
親バカですが感動してしまいました。笑

こんな風に自由に自分の好きなこと、遊びを一緒に楽しんでくださる先生方、
本当にありがとうございます。

確かにNさんのお宅のレッスンは

世間一般で【レッスン】と呼ばれる形式ではないかもしれません(^^;

でも私はこういうレッスンが大好きです♪

時空を超えてませんか???

メル、マデルやデイジーは遠く離れたフィリピンにいるのだけれど

レッスンの時間はまるで同じ空間にいるかのように

一緒に遊べるって本当にすごい。

私はそう思います。

 

遊びの中にレッスンがあるって子供には最高だと思います。

私は英語を勉強にしたくないと思い、

自分の子どもにも英語育児をやってきましたし、

お勉強じゃない英語をたくさんの人に楽しんでほしい、

そんな夢を持ってEnglishbudsを作りました。

 

まだまだ2回目なんですが、

どの方のレッスンも本当に素敵。

涙が出るくらいうれしいです。

 

何があっても頑張れます。

皆さん、本当にありがとう♥

 

 

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds