Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

我が家は<放牧型>英語育児です

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

私が教員という仕事をしているためなのか

家でも子どもに【英語を教えている】と思われがちです。

 

子どもが英語ができるとわかると

たいていの人が口を揃えて

「お母さんが英語の先生だから~」とか

「いいね~、教えられて」

と言います。

 

これまでもブログでもお伝えしてきていますが、

改めて宣言させていただきますが

【私は子どもに英語を教えたことは一度もありません】

 

文法的な説明もしたことがなければ

語彙の説明もしたことがありません。

 

完全放置の英語垂れ流しで育ててきました。

 

馬で言うなら【放牧型】です。




適切な牧草地に馬を放って育てるのと同じく、

適切な英語の環境を与えたら後は放っておきました。

 

私による調教という調教は一切してきませんでしたが、

エサ(教材)と環境(方法・時間など)は

私なりのこだわりで与えてきたつもりです。

 

環境だけ整えたら

習得は自然に任せました。

 

14年経った今、

娘と息子の英語はそれなりに育っていると感じます。

 

ただ

競走馬にするつもりもなく

どこかの品評会に出すつもりもなく

ただ元気に走れる馬になるといいな♪

ぐらいの感じで

子どもに英語を与えてきたので

もしかしたら世間的には名馬ではなく駄馬かもしれません(^^;

 

でも私はそれでいいんです。




別に何も教えてこなかったけれど、

14年経った今

語彙もそれなりに増えていますし、

文法だって完全ではないかもしれませんが、

まだ中学で習っていない

関係代名詞だって現在完了だって過去完了だって

使って話すことができています。

 

馬で言うなら

「馬としてそれなりに早く走ることはできるよ」

というところでしょうか。

 

もちろん馬の飼育にも

放牧と舎飼いがあるように

英語育児にもいろいろな方法があってよいと思います。

 

私はあくまで放牧で育ててきましたよ♪

ということをこれからもこのブログでお伝えできればと思います。

 

それなりに立派な馬に育つのか

トンデモナイ駄馬に育ってしまうのか

という経過報告ができれば

このブログの存在価値もあるような気がします(^^;

 

末永く頑張ろうと思います(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds