Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

たかが英語、されど英語

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

昨日のブログにて

我が家の英語育児のスタイルは<放牧型>だと書きましたが、

結局のところ、

私は英語至上主義者ではないのです。

 

「英語さえできたらそれでよい」とか

「英語のためなら何かを犠牲にしても構わない」

「なんとしてでも英語ができるようにならなければ」

なんて思っていません。

 

娘が中学生になってみて改めて思うのは

英語と言うのは高校生までの間は

単なる一教科であり、それ以外のことが多く求められます。

思考力に耐えうる日本語の力がなければ

他教科の勉強に支障をきたします。




また子どもの夢や希望も

小さい頃から英語をやってきたからといって

「英語を使う仕事に就きたい」とはならないことも実感しています。

 

我が家の娘の現在の希望は理系進学です。

英語が直接必要となる職業ではありません。

 

もちろん子どもの夢はその都度変わっていくものとは思いますが

下の息子にしても

「英語の先生になりたい」とか「通訳になりたい」

というような夢は全く持っていないようです(^^;

 

まぁ、私自身も子どもに常々

「英語の先生になりたいのでなければ

英文科や外国学部に行くのはダメ!

英語は道具だ。他のことを勉強しなさい。」

と言っているのでその影響かもしれませんが(^^;





子どもが将来英語関係の仕事をしないとか

英語をプライベートでも一生使わない人生だったとしても

それはそれと思っています。

 

ただ<芸は身を助く>とばかりに

いつか子どもの役に立つことがあれば・・・

と思っているだけです。

 

私が子どもの頃より着実に世の中が

グローバル化してきているのは事実です。

よりグローバル化するであろう未来を見据えると

我が家は今のスタンス「たかが英語、されど英語」を

守り続けていきたいなと思います。

 

英語ばかりに力を入れすぎることなく、

そうかといって何もやらずに軽視するわけでもなく。

 

放牧スタイルで英語という草を

自然に食ませていきたいなと思います(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds