Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 部活について考える~英検が受けられなーい(T▽T)~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

英検準1級取得を目指して

のらりくらりではありますが(^^;、準備を進めている娘。

 

今年度第1回目の英検は6月3日(日)です。

 

日程を見たときから

「部活の試合が入るかも~~~~~っ(´Д`)」

と心配していましたが、

 

不安的中!!!!!

 

「6月3日部活の試合だって~」と先週娘が言ってきました。。。

 

 

英検協会もこのようなケースに救済処置は設けていて

部活等の学校行事で英検が受けられない中高生に配慮する形で

一週間前の金曜日、前日の土曜日に準会場を用意しています。

 

しかし、その準会場は2級までの実施のため準1級は受けられないのです(T_T)

 

これはもう部活を引退した10月に受けるしかないってことです・・・。




ブラック部活などと言われたりすることもあり、

社会的な問題として取り上げられるようにもなってきた

中学・高校での部活動ですが、

私はブラックとまでは思っていませんが、

それでもやはりこの2年間は

娘だけでなく家族の生活・行事も部活に制限される生活だったとは思っています。

 

特に今回は英検の日程が試合と被ってしまったので不都合を感じています。

 

部活動というものは個人の活動ではなく、団体での活動のため、

練習ならともかく試合になってしまうと

「休めばいい」

というものではなくなってしまうのですよね~。

 

特に娘は今年3年生で、

部活も夏休みには引退してしまうため、

娘の個人的な感情としても、

できるだけ試合には出たいようなのです。




部活というのは

実に日本的な制度だと思います。

 

勤勉にほぼ毎日練習し、

仲間と切磋琢磨し、心技体を磨く場となっています。

 

部活は

友人関係も培われる場となっており、

中高生にはなくてはならないものになっているような気がします。

 

日本に留学してくる年間の留学生も

日本文化に触れるため、友人を作るため、

様々な目的で部活動に入る子が多いですがたいていは続きません(^^;

 

だいたい毎日の練習に耐えられず、

「日本の部活はクレイジーだ」という感想を残して辞めていきます。

 

確かにクレイジーな面もあるかも・・・。

 

部活動から学べることもたくさんあると思う反面、

犠牲にしていることがあるのも事実だと思ったり。。。。

 

参加している生徒だけでなく、

指導されている先生方も本当に大変だと思います。

 

今後、議論が重ねられ、

部活も様変わりしていくのでしょうが、

誰もが納得する形での決着は難しいでしょうね。

 

この問題の根本は結局のところ

【時間】

だと思いますので・・・。

 

1日24時間、1年365日という決まった限られた時間の使い方、

時間をどのように使っていくかの話になるのではないかと思います。

 

あれもしなきゃ・・・

これもしなきゃ・・・

という忙しい中高生の時期に限られた時間で何を優先するかという話。

 

私個人としては、

もう少し時間の使い方を個人に委ねてほしいなぁ

と思うところはありますが。。。

 

まぁ、私は元々個人主義が強い方なので

余計にそう感じてしまうんでしょうが・・・(^^;

 

なんだかんだで英検受験は10月に仕切り直しです!

一発合格目指して引き続き単語を覚えてもらおうと思います♪

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds