Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 突撃!隣のレッスン~第11回~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

突撃!隣のレッスン 第11回目をお送りします♪

GW中も厚かましくも突撃させていただいてしまったのですが

嫌な顔一つせず快く対応下さり、本当に感謝しています!!!

ありがとうございます(^^)

 

今回突撃させていただいたのはK様のお宅です♪

Englishbudsほぼ設立当初から温かく支えてくださっている会員様です。

本当に心優しい方でいつも感謝しています。

そんなK様のお宅、下のお子様のレッスン導入には少々苦労されたそうです。

我が家も経験あることですので

首をウンウン縦に激しく振りながら読ませていただきました。

二人目以降のお子さんのレッスンをお考えの方には

ヒントが詰まったレビューとなっていると思います♪

是非お読みくださいませ(^^)

 

小学1年の娘が、メル先生、マデル先生にお世話になっております。

上に兄がいるため、
オンラインレッスンの様子を小さいころから目にしており、
導入に関しては問題ないかな。と軽く考えていたのですが、
娘は頑固な性格で(><)  予想に反して難しい導入でした。

最初は私がついていなければいけない状態が何度か続き
(それでもレッスンは受けたい娘)
私自身とても困ったのですが、先生方は優しく接してくださり、
その何度かで娘の性格を理解していただきました。

そのような感じだったのが嘘のように
今では、楽しそうに会話をして、
レッスン中「ママは聞かないで!」とまで言われるようになりました(><)

娘はとても気分屋でもあるので、その日によってやりたいことが全然違います。

それでも、お二人は温かく娘に寄り添ってくださいます。

メル先生とは、
お人形を使ってのロールプレイ(娘、メル先生の人形にセリフを指定したりします。。。)
をしたり、ビンゴゲームをしたり。

マデル先生とは、
ポケモンのカードバトルをしたり、スクリーンシェアで娘主導でstarfallのサイトで遊んだり。

何度か、娘の体調がすぐれず、私が替わりに受けたこともあります。

私は、英語学習を続けているのですが、それでも苦手で、汗をかきながらの会話です。

つたない英語でもとても一生懸命聞いて下さります。

25分話した後、「あー、うまく話せたらもっと分かり合えるのになぁ」と、
もっと話したい!と強く思えるお人柄の二人です。

これからもよろしくお願いいたします。

 

上の子のレッスン風景を見ているから

すんなりレッスンに入って行けるのかなと思ってしまうのですが、

案外、下の子のレッスン導入が難しい場合ってありますよね。

 

我が家も下の子が上の子と全然性格が違い、レッスン導入には苦戦しました。

 

なんでしょう、

下の子って自立心が旺盛なわりに案外甘えん坊なところもあり、

天邪鬼なところがあるんですよね。(ウチの子だけかもしれません・・・)

 

我が家も導入には手を焼かされましたが、

K様のお宅と同じである時を境に

「レッスン中はのぞかないでくれ」

になってしまいました(^^;

 

寂しくもあり、頼もしくもあり。。。

 

一人一人子どものタイプは違います。

メルもマデルもデイジーも

一人一人のお子さんの個性に寄り添うことを第一としています。

そこを評価していただけて私もとてもうれしいです(^^)

 

K様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 





次にお邪魔したのはT様のお宅。

会員登録の際に、必要以上の個人情報をいただいていないので

会員の皆様の年齢構成がはっきりと私もわからないのですが

Englishbudsのレッスンをご受講下さっている方は

主に幼稚園~小学校低学年の方が多いように思います。

 

そのため、このシャモジ企画でも

その年齢層の方のレッスン風景をご紹介することが多くなってしまうのですが、

実はEnglishbudsの会員様にも中高生、そして社会人の方もいらっしゃいます。

 

T様のお子様は中高生でその世代の方には

大変参考になるレッスン風景かと思います。

是非覗かせていただきましょう♪

 

我が家は高1娘と中1息子の二人がマデル先生にお世話になっています。
高1娘は小学校4年から5年間ほど英会話教室に通っていましたが、
息子は英語の習い事経験なしです。
我が家のお財布事情により、あまりお金はかけられないので、
小さい頃から、誰かに英語のvideoを借りたりNHKでチャロ見たりYoutube等で英語アニメを探して見せたりしていました。

親は全く英語を話すことが出来ず、
子ども達の英語育児にいつも不安とハードルの高さを感じていました。

フォニックスなども色々自宅で取り入れ海外のワークブックを試行錯誤で解きながら
youtubeでインプットを毎日毎日行い10年・・・

息子のアウトプットがない事に焦りを感じてスカイプレッスンを探し、
1年探して ここにたどり着きました。

マデル先生とは子ども達2人が一緒にレッスンを受けたり、
一人ずつ時間を区切って受けたり試行錯誤でやっていました。

先生と話し込んでしまうこともたびたびだったので、
最近は毎回2コマ連続でとり、1人1コマでレッスン受けています。

二人とも取り組んでいるワークブック(息子はgrade5のreading教材、娘は英検準1級の長文読解)を
子ども達が読んで先生に直してもらったり、意味を聞いたりしています。

読解の文面を読んで設問に答えたり、「そういえばこれは知ってる?」など話が膨らんだりしています。

親として良いなぁと思うところは、
『英語で英単語の意味を質問し、英語で解説がかえってくること。』
です。

マデル先生が説明して理解できないときは、
画像や動画などを探してくださり、わかるまで丁寧に楽しく教えてくれます。

楽しく教えてくれるところは最重要ポイントですよね!!

電子辞書の英和で調べれば音は聞けます。
でも小学生は辞書に書いてある漢字が読めないことが多いです。
英英辞書で調べる事もさせていましたが、説明の文面にわからない単語があると、
さらにその単語を調べるので子供のメンタルが持続しません。

でも、マデル先生は子供に合わせてわかりやすい言葉で
説明してくださっているようなので(私は聞いていてもよくわかりませんが・・・)
子ども達は、なるほど!!そういうことね!!と納得しているので、
普段子育て(日本語)で何気なくする「これってなぁに?」に答えてくれているんだなぁ・・・と思います。

我が家はギリギリ間に合いましたが、
男子の場合、中学からのスカイプレッスンはかなり難しい気がします。
難しいお年頃に突入するからです。
我が家は息子6年生の夏から始めましたが、それでも嫌がることもありました。
お姉ちゃんほど言いたいことを英語で話せないし、面倒くさい気持ちがでてしまうようです。

息子がマデル先生の前でグダグダレッスンを受けていても、
「今日は何で疲れてるの?」とか「学校で何やってきたの?」とか、優しく気遣ってくれます。

マデル先生はレッスン後に愛のあふれるメッセージをくださいますが、
息子の読みの注意点なども上手に指摘してくださります。
たとえば、文章を読んでいて『複数のSを読み落としてしまうことが多かった』みたいで、
親は気づけない指摘で大変ありがたいです。

その場ですぐに指摘してくださり、同じようなミスが減ってくると、
「上手になってきたね~」と褒めてくれます。

とにかくアウトプットの場を保てる事が我が家にとって本当に助かっています。
これから中学校の英語授業とのギャップと戦いながら、
スカイプレッスンでは自分の言いたいことを表現できる力を身につけていってもらいたいです。

T様、ありがとうございます!

これからは大学入試にもスピーキングが加わったりする時代となり、

中高生の方にも積極的にスカイプレッスンを活用していただきたいところです。

T様がレビュー中で仰っているように、

確かに中学校を過ぎると

男の子はスカイプレッスンを始めるのが難しいかもしれません。

 

思春期特有の恥ずかしさや反抗期などいろいろな要素が入り混じってきますからね。

しかし、メル、特にマデルはとてもやさしく忍耐強く

その子に寄り添おうとしてくれる包容力がありますので

「もう遅いや・・・」と諦める前に

是非是非一度お試しいただきたいなと思います。

 

T様、非常に貴重なレビューありがとうございました。

今後とも更にレッスンを進化させ、二回目のシャモジに備えていてください(笑)

よろしくお願いいたします(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds