Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 英語テストにおける要らぬ忖度・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今年の流行語大賞候補に含まれているに違いない言葉、

それは【忖度】

 

忖度なんて偉い一部の方になされる配慮かと思っていましたが、

先日「むむむっ、これは忖度?!」と思ってしまう出来事が

この一般庶民の私にありました(^^;

 

それは娘が持ち帰った1枚の英語の定期考査・・・。

 

答案の一部に珍しく先生のコメントが書かれていました。

 

その部分を読むと

「ネィティブは言うかもね」と書かれ、〇になっていました・・・。

 

その問題は

「あなたはどう思いますか?」

(            ) do you think?

という日本語に対する穴埋め問題でした。

 

正しい答えは What です。

娘の答えは How・・・。

 

テストを受けたその日、

迷いに迷ってしまい自信がなかったらしく、

この問題の答えはどちらかと私に確認してきました。

 

what はモノ・コトを尋ねる疑問詞、

how はモノ・コト以外の形容詞・副詞が答えにくるべき疑問詞です。

 

ですから、この問題に対する答えはwhatであるべきです。

 

how にしてしまうと質問の意図が変わってしまいますよね。

そりゃネイティブはHow do you think?を使いますよ、

でも別の意味でね・・・(´Д`)

 

これは明らかにバツにするべきだったと思うんですが・・・。

いや、バツにしなければならない。。。

 

娘の英語の先生は担任です。

娘が小学校の時に2級に合格していることも

私が高校で英語を教えていることも知っています。

 

だから???

 

「ネィティブは言うかもね」で〇?

 

娘が採点に抗議するとでも?

私が学校に電話するとでも?

 

しませんが・・・(T▽T)

 

これは忖度だったのか、それとも本気だったのか???

 

怖くて先生には直接確認できていないのでなんとも言えませんが、

その確率高いかなぁ・・・と。

 

A首相も言っていたように、

頼んでなくとも忖度されてしまう場合もあるといえばあるのか?

と思いました。。。

 

というか、むしろバツにして欲しかったですね。。。

高校入試だとか大学入試では忖度してもらえないわけですから・・・。

 

とりあえず、

今回の一件は娘と話す機会になってので

娘もwhatとhowの違いがこれまでのボンヤリからハッキリとわかったようです。

メデタシ、メデタシ・・・。

 

ん、やっぱりなんか違和感残る・・・(^^;

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds