Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

洋画で英語を学ぶと・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

この夏、洋画鑑賞とYoutubeによるアメリカトーク番組を見まくった娘。

 

先日、娘が

「ain’t って便利だよね~(^▽^)」

と突然言ってきました。

 

確かに洋画、洋楽などを見たり聞いたりしていると

このain’tという表現によく出くわします。

 

私なぞは長くこの表現を知らず、

だいたいこの表現が出てくるところで

「はて、なんと言ったんだろう?」と

自分のリスニング力が嫌になっていましたが、

ちゃんと分析したところ、

そもそもこのain’tを知らなかったため聞き取れていなかったと判明(^^;

 

やはり知らないことは聞き取れませんね。

 

話が逸れましたが、

このain’tという表現は

主に be動詞+否定語( am not、 are not、 is not)の略として使われますが、

それだけでなく助動詞 have+否定語(has not、 have not)の意味の略としても用いられています。

意味・ニュアンスとしては少し乱暴な表現になり、

日本語に訳すなら「~だぜ」および「~じゃねぇ」といったところでしょうか。

 

娘が便利だと言ったのも、

主語を選びませんし、時制の部分でも結構アバウトに使うことができるからでしょう。

 

洋画、洋楽からはこのように生きた表現を学ぶことができます。

 

・・・が!!!

 

たいていは使えない(使っちゃダメな)表現だったりします(^^;

 

親しい友達同士の会話ならいいのでしょうが、

ain’tも言ってみればヤンキーみたいな言葉遣いになってしまいますし・・・。

 

まぁ、でも知っておくのはいいことですね。

 

清濁併せ呑んだ表現を学べるところが

洋画、海外ドラマで英語を学ぶ利点かも?(^^;

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds