Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

息子のディスレクシア疑惑その後

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

思い返せば2年前、

小さい頃から英語に触れてきて英語が理解できるにも拘わらず、

英単語がまったく読めないことが発覚した息子。

 

ちょうどよいタイミングで

Jolly Phonicsのトレーニングに私が参加できたこともあって

この2年、順調にJolly Phonicsのレッスンを進めてくることができました。

 

最近の息子ですが、

読みのスピードも速くなり、

Phonicsのルールがしっかり定着してきたと感じています。

 

来春、中学校に進学するわけですが、

これならなんとか学校の英語にも対応できるかな?!

と少し安堵しております。

 

そうは言っても息子の読みや書きに付き合っていると

やはり継続的な注意・サポートは必要だなぁと思っています。

 

息子の場合、bとdという左右対称の文字よりも

mとwという上下逆のパターンの認識が難しいようなので

mとwの箇所でよく書き間違い、読み間違いをします。

 

 

英語だけではなく、日本語でも熟語の漢字が逆になってしまう

という間違いをよく見せますので

英語だけでなく、日本語でもフォローが必要だと感じていますが、

今は、とにかく、とにかく、

この息子の特徴に早く気付くことができて良かったなぁ

と思うのみです。

 

英語をしてこなかったら恐らく気が付かず、

ただ学力のない子、不注意な子だと思ってしまっていたと思うので。

 

そんなわけで、

英語だけでなく日本語でのフォローもしっかり講じたいと思い、

下記の本を買い求め、自分なりに知識を深めています。

ディスレクシア 発達性読み書き障害 トレーニング・ブック [ 平岩 幹男 ]


LDの子の読み書き支援がわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) [ 小池 敏英 ]

 

息子の場合、

日本語では本で紹介されているほど深刻な症状ではありませんが、

それでも本の中の情報は非常に役立つものばかりでした。

 

また同時に、

私も息子がディスレクシアの症状を見せるまで

ディスレクシアのことをまったく知りませんでしたので、

適切な支援が受けられず苦しんでいる子が

まだ世の中にはたくさんいるのではないか・・・と思うと、

何とも言えない気持ちになりました・・・。

 

自分なりに何かできることはないか・・・

そう自問自答する日々です。

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds