Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

私の英語難民脱出記・最終回♪

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

私の長い長い英語難民歴のため

この企画もなんだかダラダラと続いてしまいましたが、

ある意味、恥特集💦であるこの特集を

今年のうちに終わらせてしまい、

最終的にはなかったことにしたい(笑)

ということで、

今日は最終回をお送りしたいと思います♪

 

この特集最終回を今日迎えたといっても

私の難民歴はまだ微妙に続いており、

まだまだ英語貴族への道は険しいと嘆息している状態ですので

その点は誤解なきようお願いいたします(^^;

 

さて、

英語で自分の言いたいことをすぐに言えない

というところは瞬間英作文に出逢って多少改善することができました。

 

ただこの改善された部分と言うのは

パソコンで言えばハード面が多少なんとかなるようになった、という意味で

ソフト面にあたる語彙までが改善されたわけではありません。

 

もちろん瞬間英作文で英語の回路のようなものができたおかげで

今まで記憶のかなたにあったような単語も

調子が良いと口から出せるようになってきました。

これは本当に不思議な現象だなぁ・・・と思っていますが、

それでも知らない単語は知らないままです。

 

未知の単語まで勝手にアップロードされて使えるようになる

という奇跡はまだ起こっておりません( -_-)

 

そんなわけで今も語彙に関しては

日々、コツコツと努力を重ねている次第です。

 

最終回ではどのように語彙のストックを重ねているのか

私自身のストック法を書いてみたいと思います。




語彙を増やすとなると

真っ先に思いつくのは職業柄

【単語帳による暗記】です。

 

生徒に強いておいて言うのもアレなんですが

単語帳を使っての暗記って楽しくないですよね(^^;
(オフレコでお願いします)

 

英検1級の単語集とか見ていると気が滅入ってきます・・・。

とても覚えられる気がしない・・・。

年かなぁ・・・。年々記憶力が・・・。(切ない)

 

そんなわけで暗記による語彙ストックという方法は採用しておりません。

 

次に語彙となると【多読か?!】となるわけです。

我が家の娘も多読のおかげで語彙を習得できてきたところがありますし、

子どもに倣って私も【多読】に挑戦してみたこともあります。

 

しかし、あんまり効果を感じられなかったんですよね・・・( -_-)

 

その当時はなぜ効果を感じられないのかわからなかったのですが、

昨年Jolly Phonicsのセミナーを受講し、理由が判明。

 

人にはそれぞれの学習スタイルがあるそうなのですが、

私の学習スタイルは【耳】に非常に偏っていました。

 

前々から薄々と感じていたことなのですが

私は目から入ってくる情報の認知力が低いんですね。

読んだ本のことをあまり覚えていないとか(笑)

数か月前に読んだ小説を「次はどうなる?」と

一からワクワク新鮮な気持ちで読めるという特殊能力の持ち主です。(単なるアホ?)

話の筋をすっかり忘れてしまいます💦

 

でもテレビや映画で見た話はいつまでも覚えていて

この前も同僚の先生と大昔の大河ドラマ・独眼竜正宗の話になった時、

「あのシーンで〇〇が△△だったよね~」と言ったところ

「そんなこと覚えてないわ」と冷たく切り捨てられ・・・。

こう書くと私が渡辺謙が大好きで独眼竜正宗も何度も見ているのだろう

と思われるかもしれないのですが、見たのは子どもの頃の一度きりです。

 

1回会っただけで話もしていない人の顔や名前はすぐ忘れますが、
(というかそもそも覚えていない)

一度でもお話した方のことは話した内容も結構覚えています。

 

そんな性質の私が多読なんて土台無理な話なんですよー。(開き直った)





で、結局今語彙の増強はどのようにしているのかと言えば、

主に二つの方法を採用しています。

 

まず一つ目は

映画・海外ドラマを使っての学習ですね。

 

PCでDVD再生しながら英語音声・英語字幕でストーリーを見ていきます。

そして気になったセリフ、覚えたい表現が出てきたらストップし、

すぐにネットで検索し、自分オリジナル単語帳に書き留めます。

 

PCでDVD鑑賞するというのが自分的にはポイントです(笑)

リビングのテレビは家族の誰かが見ている可能性が高いですし、

「PCは画面を止める」・「ネット検索する」が1台でできてしまうので。

イヤホンを使って音声を聞いていれば場所も選びませんしね。

 

この学習法で気の利いたセリフなどをストックすることができますが

たいていは気が利きすぎていて「いつ使う?」というフレーズも多々(笑)

 

そんなわけで、リアルな語彙習得はオンラインレッスンに委ねています。

平日の夜、互いの都合が良ければメルと30分ほど話していますが、

その際、たわいもない会話をするのが私にとって

一番の語彙獲得の機会となっていると感じています。

 

実際にその時に覚えた語彙の使用頻度が一番高いですね。

 

しかも私にとっては辞書を引くよりも楽な方法であるという(笑)

メルという付き合いがもう10年を超えるあうんの呼吸ができている相手に

「〇〇って英語でなんて言うの?」とまるで逆Guessing Gameをするように

知っている限りの英単語や表現を投げかけて

自分が知りたい単語、表現を投げて返してもらうという・・・。

それらの単語をチャットボックスにまで書き込んでもらい、

それを後から自分のマイ単語帳に書き写す、

ということを日課にしております。

 

そんなことを続けてきたら

自分の世界の語彙がかなり貯まってきて

最近は言いたいことを英語にするのがそれほど苦痛ではなくなってきました。

 

ただこれはあくまで自分の世界の中で

私の守備範囲がOKになったという意味であり、

「じゃあ、政治の通訳ができますか?」とか

「洋画の字幕はナシでOKですね?」ということではありません。

 

自分の知識が乏しい分野、そもそも興味がない分野の英単語・表現は

まだまだ知らないままですので

私の英語は偏っているなぁ・・・とは感じています。

 

でも私にとっての【実用英語】としてはそれでいいのかもなぁ・・・

と満足しているのも事実。

 

絶えず向上心を持ち、上を目指すことは必要だと思っていますが、

できないところばかりを見て、自信が持てず、

英語に消極的、自虐的になるのもどうかと。

 

能力的にはまだ難民度が高い私だとは思いますが、

メンタル面の部分では勝手に難民を卒業しようと思ったのです。

 

とかく日本人はコンプレックスから英語学習を始めがちです。

 

ダイエット、英語は人のコンプレックスを巧みに刺激し、

儲かる商売と言われていますし・・・(爆)

 

例えブロークンな部分があっても、発音がジャングリッシュでも、

英語でコミュニケーションが取れるのであれば、十分凄いじゃん!

 

今は本当にそう思ってます。

 

なんだか開き直っただけの感じもするかもしれませんが(^^;

これにて私の難民脱出記、完とさせていただきます。

 

長らくお付き合いくださいましてありがとうございました♪

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds