Pocket

 

文法を英語で教える?日本語で教える?

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

めでたく高校入試に合格した暁には

娘には高校の英語授業・試験に耐えうる英語文法を

身に着けてもらおうと密かに計画している私。

 

その際、どのようにアプローチするか、という方法ですが、

ズバリ!日本語で教えるつもりです!( ̄_ ̄)

 

というか、私が教えるということは

自動的に日本語で教えることになるわけですが(^^;

 

どうしてオンラインレッスンで

メルやマデルなどに教えてもらわないかというと

無理だと思うからです。

 

高校の授業に耐えうる文法力を

春休みの2週間程度で叩き込むのも無理ですし、

メルやマデルの説明を完全に理解し、

自分で運用できるまでになるというのも

これまた無理なのではないかと思います。

 

 

小さい頃から英語に触れさせてきて

可能な限り、英語は英語でということを方針に、

日本語を介させないようにしてきましたが、

文法となると話は別です。

 

それは、なぜか・・・。

 

結局のところ、

娘はいわゆる二重バイリンガルと呼ばれる状態には育ってないからです。

欲目に見ても偏重バイリンガルという状態です。

(※二重バイリンガル:二つの言語を母国語レベルに同等に使うことができる)
(※偏重バイリンガル:二つ言語の能力差に差があるタイプ)

 

つまり、

文法説明のような複雑な内容を英語で問題なく理解できるほどに

英語が娘の中に育っていないということです。

 

以前のブログで書いたように

私は文語文法は学問だと思っているので

それを学ぶためには勉強としての思考力が必要だと思っています。

 

つまり、

数学や理科を英語で教えないとの同じです。

 

日本語で教えた方が手っ取り早いというか、

そもそも母語である日本語を使わない理由はないと思うのです。

 

これまで述べてきたように学校で習う文法は【学問】なわけですから

思考レベルにある言語を使用して理解すればいいのではないでしょうか。

 

学習指導要領の変更に伴い、

「英語の授業は英語で行うものとする」

とされて随分と経った気がしますが、

実際の現場では、最小限に留められてはいるでしょうが、

文法の説明は日本語での説明が必要不可欠になっていると思います。

娘に

「中学校の英語はオールイングルッシュなの?」

と聞いたところ、

「そんなわけない。そんなことしたら誰もわからないよ( ̄_ ̄)」

と言っていました。

 

普通に日本語で説明が行われているようです。

 

実際、私も自分のクラスでは日本語で説明していますし。

 

コミュニカティブなクラスではオールイングリッシュであるべきだと思いますが、

文法の説明まで英語でやっては非効率的だと思うのです。

 

昨年の夏にJolly Phonicsのセミナーを受講した際にも

講師の山下先生が

「日本人の子どもにJollyを教えるときは日本語で教えます。

教えたいことは英語ではなくてフォニックスだから

そのフォニックスがしっかりと伝わる言語を選びます。」

と仰っていたことを思い出します。

 

英語だからすべてを英語で、とこだわる必要はないなと。

 

そんなわけでこの春、

日本語での英語文法強化週間を設ける予定です~。

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds