Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

英語育児のピークはいつ?

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

一応、平日は毎日ブログを更新するようにしている私ですが、

毎回ネタに困っています・・・(^^;

 

締め切りに追われる作家さんの気持ちがわかるようなわからんような。

まぁ、私のブログとは次元が違う話なので

私はそのお気持ちはわかっていないものと思いますが・・・(^^ゞ

 

あまりのネタのなさに自分にキレて

なんでネタがないんだーーー!!!

とひどく根本的なところで自分を罵る日々。。。

 

ということで、

ネタ詰まりに関して

今回、冷静にその理由を考えてみたところ・・・

 

自分の知識・経験の浅さに根本的が原因もあると思うのですが、

まぁ、それらは今回棚に上げさせてもらうとして、

結局のところ、

「我が家の英語育児のピークは過ぎてしまっているから」

というところが大きいのではないかと思います。

 

娘が幼稚園ぐらいの時、

Macoronという英語育児のディープなSNSがあり、

私も毎日とは言わずとも、時々ブログを書いていました。

 

その時はそれなりに毎日書く話題が簡単に見つかっていたのですよね。

その当時は毎日がON英語育児でしたから・・・。

 

当時書いていた内容のことを思い返してみると、

今も立派なことは書けていないのでその当時も押して知るべしですが、

いわゆる英語育児に対する愚痴・嘆きだったり、

こんなことした、あんなことしたというただの記録と言うか。

 

まぁ、それでも書くことは毎日あったなと思います。

読んでくれていた人には申し訳ないですが(^^ゞ

 

今、我が家は英語育児のピークをとっくに過ぎてしまい、

細々と淡々と本当に必要なことだけを続けているというか、

もはや虫の息・・・という感じなので

あまりネタとして提供できることがないんですよね💦

 

遠い昔のことを思い出しながら書いてみたり、

あまりに遠い昔で記憶が定かでなかったりで書けなかったり(ボケてる?)

苦し紛れに英語育児を続けると起こるであろう顛末の一つの例として

我が家の現在を書かせていただいているに過ぎません。

 




前置きが長くなりましてすみません(^^ゞ

 

いつも通り、ブログネタに苦しんでいたら、

ふと我が家の英語育児のピークを改めて思い出す形になり、

今日はそんなところを書かせてもらおうかなと。

 

ピークというのは案外当事者は気付かないもののような気がします。

過ぎ去ってみてから

「あぁ、あそこがピークだったか・・・」

と思うような。(何事にも鈍い私だけ?)

 

あくまでも我が家のピークの話になりますが、

思い返してみると、

娘が幼稚園入園前~小学校低学年

の時だったような気がします。

 

息子に当てはめると

生後間もなく~幼稚園まで

ぐらいの感じになってしまうという(^^;

 

ここ言うピークというのは

言語獲得能力の能力的なピークではなく、物理的・時間的なピークです。

親の熱意のピークとも言い換えられるかもしれないけれど(^^;

 

何事にも飽きっぽい私であるが故、

10年単位で物事をやり続けられないという側面ももちろんありますが、

時間という物理的な制限が掛かってくるとどうしても思うように

英語を与えられなくなるというところもあります。

 

小学校での拘束時間の長さ、やるべき課題の多さなどが

英語に掛ける時間を奪っていったとも言いましょうか。




インターにも通わせるのであれば

小学校進学後も英語に十分な時間を掛けることも可能なのでしょうが、

(というか、インターに行くならばそれなりの時間を掛けないとダメですよね)

通常の小学校、特に公立小学校へ進学すると、

英語に掛けられる時間も段々減っていき、

そして親の熱意も薄らいでいき・・・というフェードアウトがぁぁぁっ。

 

そう思うと、

英語育児のピーク・黄金期って

幼稚園入園前~小学校低学年

なのではないのかなぁ・・・と思ってしまいます。

 

この黄金期にある程度の英語力が確立できると

フェードアウト期もなんとか乗り切れるような気がしております。

 

もちろんこのピーク・黄金期とは時間の余裕という意味であり、

幼稚園入園前~小学生低学年の間に英語を始めなかったからと言って

英語が身につかないという意味ではありません。

 

ただ小学校以降のスタートだと、

よりシビアに時間との戦いになってしまうため、

難しいのではないかとは正直思ってしまいますが、

子どもの能力・特性、おうちでの取り組み等も違いますので

一概には言えませんね・・・。

 

私が思う黄金期、幼稚園入園前~小学校低学年。

時間だけは逆戻りさせることはできません。

 

今しみじみと思い返せば、

子どもとまったりと過ごした時間は最高に贅沢な時間だったのかも。

 

特に最近家族全員が慌ただしく時間に振り回される生活をしているので

そう思ってしまいます(^^;

 

現在、黄金期をお迎えの皆様。

是非是非、黄金期を楽しみながら充実させてくださいね♪(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村