Pocket

 

【Skype Lessonサポート】ご利用者様のお声~Y様~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

先日レッスンサポートをご利用いただいたY様より

レビューをお寄せいただくことができました。

 

身に余るお言葉を並べていただき恐縮するばかりですが

ご紹介させていただきたいと思います(^^)

 

 

小学6年生の娘が4月からMadel先生にお世話になっております。
はじめてのフリートークレッスン、固まってしまって全く話すことができないので、
5月の2週間レッスンサポートを受けさせて頂きました。

小1から英会話教室に通い、平日は基礎英語を聞き、e-book で英語の本を読み続け、
さらに小3から他のオンライン英会話を受講しています。
なのに!初めてのフリートーク、全く話しません、声を出しません。
Madel先生が色々質問して下さり、話をつなげて下さっても固まっています。

普段の会話もそんなにおしゃべりな方ではない娘にハードルが高かったかと思い、
MammyKayo さんにご相談させて頂いたところ、色々アドバイスを頂きました。
何度もアドバイスを頂いていたところだったので、
レッスンサポートが再開されたのを機に正式にお願いしました。

最初、ZOOMを使って、Madel先生の近所や国を紹介するレッスンをして頂きました。
こんなレッスンを思いつくなんてと驚き、娘は楽しくレッスンを受けさせて頂きました。
その後娘の好きなこと・ものを聞いて頂き、まず声を出すことを目的として、
絵本を使ったレッスンをして頂きました。
同時に娘がはまっているMinecraftもレッスンに使って頂きました。

このあたりまで、母の私が近くにいて、時々サポートしていました
(全く英語を話せませんが・・・)。

1つのレッスンが終わるとMammyKayo さんにレッスンの様子をお知らせして、
アドバイスを頂いていました。

この頃娘が言うには、私の「何か話しなさい」という圧がすごかったようです。
(実際には言っていません)。

MammyKayo さんに、そのことをお伝えすると、そのことでも
「1週間先を見るのではなくて1年後を見るイメージでお付き合いいただけると幸いです。」
と、母の私もサポートして頂いていました。

絵本とMinecraftを使ったレッスンを続け、娘が慣れてきた頃にレッスンサポートが終了しました。

その後「自分の考えを英語にする」ことに慣れるため、英文添削もお願いしました。

週1のペースでやっていますが、
MammyKayo さんとMadel先生からの添削でよく書けているというコメントを頂くと、
それがとても嬉しいようです。

こちらでお世話になってまだ2カ月もたっていませんが、
娘が言うには「楽しくなってきた」とのこと。

MammyKayo さんが少しずつ少しずつ娘の様子をみて、
ベストなレッスン内容を考えてくださったからだと、心の底から思っています。

同時に母のサポートもして頂きました。

Madel先生もとてもすてきな先生で、人見知りな娘が大好き!と言っています。

Yes/No のみで答えている娘を、センテンスで話せるようになるよう、
色々工夫して下さっているようです(現在母の私はレッスン中は別室待機です)。

ある程度大きくなっており、しかももともとあまりおしゃべりではない子なので、
MammyKayo さんとMadel先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

娘は今やっと、
「英語はコミュニケーションのツール」
だということを少し分かってきたのではないかと思います。

レッスンサポート、本当にありがとうございました。

 

インプット十分、ちゃんと英語も理解できている、

それなのにアウトプットが思うように出ない・・・

これほど親としては歯がゆい思いをすることはないと思います。

私も娘に対してそのように感じた時期がありましたので

この種の気持ちは痛いほど共感することができます。。。

 

「何か話しなさい」圧・・・。

私なんて娘が小さいころ圧を超えて、怨念レベルまで行っちゃってましたね(^^;

レッスン中娘から離れてはいましたが、

私のその思いは怨霊のように娘の付きまとい、

娘は金縛りにあうが如く、ますます喋らないという悪循環(爆)

めちゃめちゃ覚えがあります(笑)

 

Y様は私ほどではないと思いますが、

アウトプットを願う親の気持ちは大なり小なりそのようなものかと。

 

その思いは英語育児を続けるうえで大切な原動力になるわけですから

それはそれで熱意としても尊重しつつ、

少し親の側も肩の力を抜いてみるというのも

長い英語育児生活では大切なことなのではないかな~と思っています。

 

私がお伝えしたいことは

インプットが十分であるならば

適切なレッスン環境を整え、講師との間に信頼関係を築き、

この人に自分の気持ちを伝えたい、自分の経験を伝えたい、

という気持ちを持たせてあげることができたなら

もうそれだけで十分ということです。

 

いつの日か自然と堰を切ったように英語は出てくるものです。

 

娘の場合は相手がメルであり、話題がポケモンだったわけです。

それは人によりそれぞれ違うので

私のサポートしての役割は話す動機となる話題を探す

お手伝いをすることだと考えております。

 

現在、サポートは随時2週間、1ヶ月とご要望に応じてご提供しております。

 

近々、夏休みレッスンサポートもご案内する予定でおります。

 

私に何かお手伝いできることがあればお声がけください。

喜んでお手伝いさせていただきます♪

 

Y様、この度は貴重なご感想、誠にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村