Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

Jolly Phonicsレッスンを始めるタイミング

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

この夏、僭越ながら私のレッスンのご提供を開始させていただきます。

 

私がご提供できるレッスンは

 

中高生への英語学習フォロー、

英語育児コンサル(的な雑談?)、

そしてJolly Phonicsレッスン、

 

になると思っております。

 

基本的に枠を決めずに皆様からのご要望にお応えしていこうと思っていますので

もしかしたら上記以外で私がお役に立てることもあるかも?ですが

今のところは上記がメインになると考えています。

 

ありがたいことに興味を持って下さった方などから

色々とお問い合わせいただく中で

Jolly Phonicsの始め時なども尋ねられることがありますので

一度ブログの方でご案内してみようかと思います。

 

Jolly Phonicsは元々イギリスの小学校の先生によって開発された

フォニックス学習メソッドです。

 

そのため学習適齢期は幼稚園~小学校低学年ではないかと思います。

 

日本語に置き換えて考えるとわかりやすいかと思いますが

ちょうど「ひらがな」学習期に相当するとイメージしていただけると良いかなと。

 

Jolly Phonicsはその年齢の子どもたちが

楽しく、無理なく、効率的に、

フォニックスが学習していけるようにプログラムされています。

そういう視点からすると、

Jolly Phonicsのベストな始め時は【幼稚園~小学校低学年】となるのではないかと思います。

 

ゆっくりと週1回程度のペースで学習していくと

1年から1年半ほど程度終了まで要すことを考えると

やはり小学校低学年には始めておくと

その後他のことにも余裕をもって取り組めるので

よいのではないかなと思います。




我が家の場合、

ずっとJolly Phonicsのことを知らないまま過ごしてしまい、

息子が小5の時にあまりに英語が読めないことに絶望感を感じたときに

運よくJolly Phonicsと出会うことができ、現在に至ります。

 

小5の生意気盛りな息子には

Jolly Phonicsが幼稚に感じられたようで

そんなにノリノリで取り組んでくれたわけではありませんが、

それなりにこちらの求めには最低限応じてくれ、

なんとか最後まで学習し終え、英単語が読めるようになりました。

 

今、中学1年生になり、書くことが求められるようになりましたが、

Jollyで学んだジェスチャーなどを生かしながら

書くことにも前向きに、負担少なく、取り組むことができているなと感じています。

 

Jolly Phonicsを学んだメリットは計り知れません。





今、私は高校で非常勤講師として教えていますが、

高校にも読み書きに困っている子がいます。

 

これまでの英語学習で

自分でPhonicsのルールを発見、体感するまでに至っている子はほぼ皆無で、

結局のところ、暗記&努力で英単語をなんとかしてきた子たちがほとんどです。

 

そのため、

・初見の単語は読めない

・覚えてから日がたった単語はスペルミスをしてしまう

・記号として認識しているだけなので音からしたらあり得ない綴りを書いてしまう。
(例:calmという単語をclamと書いてしまう)

という困難さを抱えながら英語学習に向き合っているなと感じます。

 

そんなわけで授業のほんのわずかな時間を割き、Jollyを少しずつ教えていますが

Jolly Phonicsの良さを正確に伝えるためにはジェスチャー、小話を省くわけにはいきません。

 

最初は子どもっぽさに冷めた目で見られるのではないかと心配したのですが

こちらの心配をよそに

童心に帰るのが楽しいのか、意外とノリノリでやってくれています(^^;

 

フラッシュカード形式で毎回音の復習をして積み重ねる努力もしていますが

文字を見てパッと音が出てこなくても

ジェスチャーを見せれば音が出る場合がほとんどで

生徒もジェスチャーとリンクして覚えることが有効だと実感してくれているようです。

 

もちろん高校生は教科書学習がメインとなりますので

Jollyに多くの時間を割くことはできないため

1回で3つの音を5分ほどで教えるというかなりの簡易バージョンで取り組んでいます。

 

それでも一定の成果が見えてきているような感じがしています。

 

このような経験を通じて

「学ぶことに遅いということはない」

「年齢・状況に応じて取り組み方をアレンジできる」

と実感しています。

 

やはり何事も【学ぶ時が学び時】ですね。

 

私のオンラインレッスンは完全個別指導となりますので

おひとり様の要望にお応えできます。

 

Jollyのレッスンも

幼稚園・小学生の方にはオリジナルに近い形で、

中高生の方には今の英語学習で即戦力となるような形で

臨機応変に対応していきたいと考えています。

 

 

私にできること、

それは小さなことだとは思いますが

この夏、真摯に取り組ませていただきたいと思います。

 

よろしければお声がけくださいませ(^^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村