Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

我が子を教える難しさ・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

「お医者さんでも自分の親、子どもは診れない。」

と聞いたことがあります。

 

感情が入ってしまって冷静な判断ができなくなるというのが理由だそうですが

それはそうだろうなぁ・・・と思います。

 

私は学校で英語を教えていますが

学校では英語がわからない子にも優しく接することができます。

「ここはこうしたらいいんだよ」的に実におおらかに対応できます。

 

それが我が子となるとどうでしょう。

 

1回、2回の説明は通常モードで対応できますが、

何回言っても理解してくれない時や同じ誤りばっかりしてくると、

「はー!まじめにやってんのかー!( `ー´)ノ」

とかなりの確率でキレてしまいます・・・(^^;

 

また子どもも子どもで悪態を付いてきたり

あからさまに嫌そうな態度を見せてくることがあるので

私の怒りに油を注ぎ、険悪な雰囲気で終わることが多々・・・。(反省)

 

Jolly Phonicsのトレーニングに参加した際、

グループでモデルレッスンをするアクティビティがあったのですが

普段英語教室を開いておられる先生は実に優し気にレッスンを進めておられたのに対し、

私は家で息子に

「ちゃんとやらないとやめるよー!( `ー´)ノ」とか

「ねぇ、聞いてたー?!( `ー´)ノ」ということを連呼しながらレッスンするのが常だったため、

優しいJolly Phonicsレッスンをどうやってしたらいいのか戸惑いました(爆)

 

私自身人間として未熟であるのだと痛感させられますが

とかく我が子を冷静に教えるのは難しい・・・。

 

特に我が家は息子がかなり口が達者で反抗的な子なので

息子の挑発に乗ってしまうんですよねぇ・・・( -_-)

 

教育を塾に外注する人が多いのもわかるなぁ・・・。

 

 

私と同じく我が子には熱くなってしまう方には

Jolly Phonicsのレッスン代行承ることができます。

我が子にはキレる私も他のお子様には優しいです。(自分で言うな)

 

親子でのJolly Phonicsに挑戦されたいという方には

このような恥的エピソードも包み隠さずお伝えし、

万が一子どもが拗ねたり、やる気を見せないときにも、

これだけは最低限外さない方がいいですよ的なポイントをお教えしたいと思います。

 

私のこの夏のレッスンスケジュール、昨日公開させていただきました。

 

よろしければこのようなレッスンにもお付き合いくださいませ(^^)

ご予約お待ちしております♪

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村