Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

高校生になってからの英語♪

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

この春、娘が高校生になりましたが

早くも一学期が終わろうとしています。

 

高校生になってからの娘の英語について思うことを

ちょっと書いてみたいと思います。

 

学校の授業での英語は娘にとって

本格的な英語の学び直し、再構築の機会になっていると感じます。

 

今までなんとなく曖昧にしても大丈夫だったことが

高校英語では通用しません。

 

文法、語彙の面から鍛えなおされているなぁと思います。

 

多少の努力は要しているようですが

それでも他教科に比べれば勉強に割く時間は圧倒的に少なく済んでいます。

 

またテストの方でも

学年を追うごとに英語の存在感が増していると実感します。

 

正直、小さいころから英語をやってきたとしても

中学1、2年の間は目立った差として現れてこないのではないかと思います。

 

中1、2レベルの英語はまだ簡単で

塾等で十分な対策を取ればそこそこの点が取れるからです。

 

中3ぐらいからその強みが徐々に見えてきて

高校になるとはっきりと差が見えてくる気がします。

 

娘の英語、まだまだ完ぺきではありません。

 

贔屓目に見てもこのままで大学入試に余裕で対応できるとは思えません。

このまま学校英語でしっかりと固めていけば間に合うとは思いますが。

 

それでもやはり周囲との差は顕著に表れてきており、

テストでは実力テストでも定期考査でも

英語の成績は偏差値は70オーバーになります。

 

素点合計で順位が出る中学と違って

高校は偏差値で順位が出る学校が多いのですが

娘の学校でも偏差値で順位が出るため

英語のおかげで助けられています。

 

【英語を制する者は受験を制す】

と昔から言われていますが、まさにそんなところです。

 

 

そうは言っても

まだまだ娘の英語は発展途上。

 

幼児英語から脱却しているとは思えません。

 

この夏休み、

千本ノック英作文に取り組ませたり、

オンラインレッスンも多めに入れて、

英語をさらなる強みとしていけるよう家庭でサポートしていくつもりです(^^)

 

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村